費用

浮気調査にかかる費用は皆さん不安だと思います。

50万円や100万円の請求をされて、結局証拠が掴めなかったらと思うと中々依頼に踏み切ることができません。

 

また、探偵ごとに料金体系など色々あるので、調べてもどこに頼めばいいのか中々わかりません。

全国展開している探偵社、弁護士が経営している探偵社などは信頼できそうですが、中小の探偵事務所にも頑張っているところはたくさんあります。

 

今回は、浮気調査の費用や、見積りで気を付けるポイントをご紹介したいと思います。

 

どのくらいの期間調査する?

 

調査期間が長いほど料金も高くなるわけですが、5~10日程度で調査することが多いです。

初回の調査で動きがなければ、延長するかを決めないといけません。

 

初めから「毎週金曜日に浮気相手と会っている」など明確に絞られている場合は、数日の調査で済みますが、大抵の場合はターゲットの動きを予想してヤマを張ります。

 

浮気している日に規則性がなければ、給料日後や連休、イベント事などを狙って調査をすることが多いです。

 

1週間調査するとどのくらいかかる?

 

私が勤めている探偵社の料金は「車両1台、調査員2名」で1時間14000円です。

 

1日4時間の7日間調査すると、

140000円×4時間×7日間

で39万2000円かかります。

大体、これくらいが相場だと思います。

私のところでは成功報酬ではないので、証拠が掴めても掴めなくても料金は変わりません。

 

4時間×7日間なので合計28時間調査するわけですが、この28時間をどのように使うかは探偵の裁量に任されています。

明らかに今日は密会しないだろうという日に調査しても意味がないので、そういう日は早々に打ち切っています。

逆に、怪しい日があれば何時間でも張りこんだり尾行したりします。

 

結果的に、1週間での調査時間が28時間を超えて、30時間とか32時間にになってしまうこともありますが、それでも追加料金はかかりません。

ある意味、時間制限なんてないようなものです。

 

もし一日目の調査で証拠を掴めて、依頼者さんが調査の続行を希望しない場合はそこで調査を終了し、1時間毎で計算して料金が確定します。

中には、複数の証拠を掴むために、証拠を掴んだ後も1週間は調査続行を希望される方もいます。

 

見積もりで

「39万2000円です」

と言ったら、依頼者が延長を希望しない限りはこれ以上のお金はかかりません。

 

ここが大切なポイントで、

「総額を明示してくれるか」

が探偵選びで最も大事なポイントです。

 

料金体系はあまり関係ない

見積り

探偵事務所ごとに、料金システムは費用の内訳はバラバラで、比べようにもややこしくて意味がわかりません。

ただ、依頼主の立場からすれば、細かい内訳などどうでもいいことで、一番大事なのは

「総額でいくらなのか」

という点です。

 

一見、1日毎の調査料が安いようでも、追加項目が多く、結局は高くなるところもあるので注意が必要です。

広告やホームページの料金は安く見えるように書いているので、それだけ見ても判断はできません。

 

見積りを請求したのに総額を教えてくれないような探偵は論外で、まず依頼しない方がいいです。

契約のハンコを押す前に、

「私が延長しない限りはこれ以上の金額になりませんよね?」

と念押ししてもいいでしょう。

 

2~4社の探偵から見積もりを取り、比較してから決めれば失敗する確率は格段に減ります。

浮気調査を考えている人は切羽詰まっていることが多く、相談員もそこを煽ろうとしてきますが、焦らずにじっくり比較することが大切です。

 

探偵選びは気分の良いものではありませんが、料金面はしっかり確認しておかないと後々トラブルになりがちです。

依頼主と探偵に信頼関係ができているかは調査の成功を左右するので、慎重に選んでいただきたいです。

 

お住まいの地域で探偵社を探す場合は、「街角探偵相談所」というサイトが便利です。

必要な項目を入力すると、その地域の探偵社がいくつかピックアップされるので、効率よく探偵を比較することができます。

浮気調査をお考えの方は一度チェックされてください。

参考:街角探偵相談所

 

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない