キャバクラやクラブの女性と浮気する男性も多いのですが、これって一般人同士の浮気とは少し毛色がちがいます。

ホステスと浮気するということは、男性から仕掛けたわけで、不可抗力で始まった恋愛ではないですからね。

 

中には、たまたま飲みに行ったときに一目惚れしちゃって〜というケースもあるでしょうが、ほとんどの場合、男性は浮気する気満々で夜のお店に向かっています。

 

浮気夫&ホステスの浮気調査を幾度となくやってきましたが、つくづく

「男というのは何歳になっても下半身で生きているようなものだな(-_-;)」

と思います。

今回は、ホステスと不倫してしまった50代男性のお話をご紹介します。

 

急に飲み会が増えた夫。疑う妻

 

相談に来られたのは40代の奥さん。

話を聞くと、旦那さんとホステスの浮気を疑っているとのことです。

 

浮気を疑うきっかけになったのは、旦那さんの帰りが遅い日が増えたこと。

旦那さんは頻繁に飲み行くような性格ではなく、これまで残業で夜中になることは滅多になかったそうです。

 

それがここ最近は週1くらいのペースで0時を回ったくらいに帰宅することが増えていました。

時には、朝の4時や5時になることもあり、奥さんが理由を聞くと

「上司に無理矢理に付き合わされた」

と言い訳していました。

 

携帯をチェックする奥さん

スマホ

奥さんは旦那さんの浮気を疑っていました。

それもそのはず、妻子もちの男性を朝まで飲みに連れ歩く上司なんて考えにくいですし、そんな嘘を真に受ける人はいないでしょう。

 

旦那さんの帰りが遅い日はいつも酒臭く香水の匂いも強いので、

「もしかしてホステスと浮気してる?」

という疑いが芽生えます。

旦那さんの性格からして、プライベートで知り合った女性と交際に至るなんて考えられないそうです。

 

そして、旦那さんの携帯にロックがかかるようになったのですからもう確定でしょう。

不眠の日々が続き、ついに奥さんは探偵に相談されました。

 

果たして不貞行為はあるのか

 

浮気調査をする前に、この調査の目標を決めないといけません。

つまり、旦那さんがキャバクラに入っていく姿を撮るのがゴールなのか、旦那さんがホステスとホテルに入っていく姿がゴールなのかということです。

 

キャバクラに通うのは法律上の浮気ではないので、それを理由に離婚や慰謝料請求はできません。

旦那さんとホステスが肉体関係になっている可能性はありますが、肉体関係があるとしても調査のタイミングでホテルに行くかはわかりません。

キャバクラに入る姿を撮影するのは難しくありませんが、ホテルに行く姿をドンピシャで当てるというのは、かなりの運が必要です。

 

調査した結果・・ホテルには

ホテル

1週間の調査依頼をいただき、退社後の旦那さんの動きを追いました。

案の定、旦那さんは書店で時間を潰した後、飲み屋街の方に行き、とあるキャバクラに入っていきます。

 

奥さんの希望では

「キャバクラに入る姿を撮って、お店に通うのをやめさせたい」

とのことでしたので、これで一応の目的は達成です。

 

「可能であればその後の動きも追ってほしい」との希望だったので、お店から出てきた後まで追いかけます。

旦那さんがお店に入ったのが夜23時過ぎ、出てきたのは1時半くらいでした。

アフターはなく、そのまま家に帰っていきました。

 

携帯を見せろという奥さん

 

奥さんに調査結果を報告したところ、旦那さんも探偵事務所に来てもらい、三者で話し合いをすることになりました。

私から旦那さんにキャバクラに入っていく写真をお見せしたところ、素直にそれを認められました。

そして、話は「不貞行為があったのか」という点に進みます。

 

旦那さんは当然否定するわけですが、奥さんは

「じゃあ今この場で携帯電話を見せて!」

と言い出しました。

 

メールのやり取りから、肉体関係を匂わす内容がなければ不貞行為がなかったと信じるとのこと。

旦那さんは渋々携帯電話を出して、奥さんがそれをチェック・・

 

どうやら本当に肉体関係はなかったようです。

ただ、旦那さんの方から肉体関係を誘うような内容はありました。

 

アフレコしてご紹介すると、

「今度、〇〇ちゃんと密室でゆっくりしたいよ」

「〇〇さんの気持ちはすっっごく嬉しいけど、奥さんに悪いし・・・。

私の気持ちの整理がつくまでもう少し待ってくれるかな??」

という感じです。

そのメールを読んだ、奥さんは泣き出してしまいました・・。

 

とりあえず、肉体関係は未遂で防げたので結果としては良かったのでしょうか。

その後、離婚はせず、旦那さんのお小遣いは激減したとのご報告をいただけました。

 

この旦那さんは怒られてキャバクラ通いをやめる人だったので、根は優しい人なのでしょう。

中には、明らかに肉体関係があるのに浮気をやめない旦那さんもいますから、そういう人と比べたら遥かに良い旦那さんです。

 

ちなみに、

「キャバクラくらい大目に見てあげたら?」

と思う人もいるでしょう。

 

たまに飲みに行く程度であれば問題ないかもしれませんが、毎週のように通っているようだとやはり問題があります。

金銭的な問題もあるものの、積極的なお客さんに対して体を委ねるキャバ嬢はたくさんいます。

そしていつしか本気の恋愛になる事例もありますから、悪い芽は早めに摘むのに越したことはありません。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない