例えば、夫が浮気した場合は夫が加害者、妻が被害者ということになります。

ただ、夫婦間の問題なので、浮気された方にも少なからず非があることがあります。

 

配偶者がもともと浮気気質だったのなら仕方ありませんが、夫婦関係がうまくいっていないことが浮気の原因になることもあります。

例えば、夫が妻に対して無関心だったり、妻が夫に文句ばかり言って家庭がストレスになっていたり・・

そういう状況から逃げるために不倫に走ってしまう人もいるのです。

 

夫(妻)や家庭が大事であれば、浮気を踏みとどまることもあると思います。

10:0で浮気した方に非があるというケースは稀です。

 

ただ、それは夫婦間の話で、不倫相手がやっていることは間違いなく悪です。

 

既婚者と知って不倫相手になるのは犯罪

不倫相手に慰謝料を請求するには、

「相手が既婚者だと知っていた、もしくは知りうる状況にあった」

という点が必要です。

 

大抵の場合、不倫カップルは相手が既婚者であることを承知の上で交際しています。

例えば、不倫夫と浮気相手の女性がいる場合、その女性は奥さんを傷つけていることになります。

浮気相手の女性は自分の行動によって、奥さんや家庭がどうなるか認識した上でやっているのですから、これは非常に悪質な行為です。

 

奥さんを傷つけ、子供も傷つけ、家族という無形の財産を壊す行為なので罪は重いです。

「好きな気持ちを抑えることができなかった」

などの言い訳をする人もいますが、家庭を壊された方からすれば、そんな言い訳は通用しません。

 

それは

「ムカついて我慢できなかったから殴った」

と言っているのと同じレベルです。

 

不倫は民事事件になりますが、本当は傷害罪で訴えられても仕方ないくらい悪質な行為だと思います。

民事事件なので刑事罰はないのですが、国によっては刑事罰があるところもあります。

不倫は家庭や子供も巻き込むという点で、傷害罪よりもっと悪質かもしれません。

 

不倫相手に対して遠慮する必要はない

浮気調査を依頼された奥さんで

「不倫相手の女性に慰謝料は請求しません。

私にも落ち度がありましたし、夫にこれ以上嫌われたくないですから」

と言っている人がいました。

 

とても人間のできた方だと思いますが、不倫相手の女性に遠慮するのは変な話です。

夫婦間の問題で言えば、お互いに悪いところがあったのでしょうが、それと不倫とでは話が別です。

 

浮気している夫は、不倫相手を守るために慰謝料を請求しないように頼んでくるケースもあります。

気の弱い人だといいように丸め込まれることもあるのですが、本当にそんなことでいいのでしょうか(-_-;)

 

世間では芸能人の不倫が頻繁に話題になり、不倫のハードルが下がっているように感じます。

でも、不倫という行為は、浮気された人を深く傷つけ、家庭を崩壊させかねない行為です。

 

恋愛という要素が絡んで、美化されたり甘く見られることがありますが、本当はもっと重く処罰されるべきだと感じます。

とにかく、浮気されている人には

「もっと強気になっていいんですよ。悪いのはむこうです」

と言いたいです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない