前回の記事で

「浮気はされた方にも少なからず非がある」

という内容を書きました。

 

しかし、中には100%浮気した方が悪いと言い切れるケースもあります。

今回ご紹介するのは、浮気された上にDVまで受けた奥さんのお話です。

 

普段は温厚な夫。キレると別人に

相談に来られたのは30代の女性で、旦那さんの浮気を疑っていました。

保育園のお子さんが1人いるそうで、普段は子煩悩な優しいお父さんだそうです。

 

しかし、最近は家でもスマホを手放さないことが多く、怪しい外出も増えたとのこと。

こっそりスマホを見ようとしたものの、ロックがかかっているので、不信感は一層強くなりました。

 

探偵に相談に来たわけは?

奥さんが浮気を疑う根拠をお聞きしていると、

「えっ?それだけですか?」

という感じになりました。

 

旦那の帰りが遅いとか、携帯を手放さないとか、それくらいのことであれば

「ねえ!あなた浮気してるんじゃないの!?」

と喧嘩になるだけで、探偵にまでは来ない人が多いと思います。

探偵に相談に来るのは、もっと強い確信や具体的な証拠を持っているケースが多いです。

 

奥さんに

「旦那さんに浮気のことを追求しましたか?」

と尋ねると

「そんなことは恐くて聞けません。

あの人はキレると何をするかわからないので」

と答えました。

 

旦那さんは普段は温厚で優しい人ですが、キレると人が変わったように怒り狂うそうです。

奥さんも手を上げられたことがあるし、別の人との間で暴力沙汰が起きたこともあるそうです。

 

中途半端な疑いで追及しても、旦那は逆ギレする可能性が高いので、言い逃れのできない証拠がほしいとのことでした。

 

浮気調査の結果は黒

細かい調査内容は省略しますが、結果的に旦那さんは浮気していて、不倫の確実な証拠を掴むこともできました。

しかし、問題はここからです。

果たして穏便に話し合いをすることができるのか・・。

 

奥さんは、旦那さんが浮気を二度としないと誓うなら離婚しないつもりだそうです。

話し合いは、私も交えて3人で行ったのですが、その時の旦那さんは異常なくらい反省していました。

泣きじゃくって土下座までして謝っていましたが、

(これはDVしそうな性格だな・・)

と思いました。

 

DVする人が暴力を振るった後や、立場が悪くなったときに急に優しくなるというのは、よく聞く話です。

不倫の証拠を掴まれたとはいえ、第三者がいる前で自分から土下座するくらいなので、精神的に不安定な人だなと思いました。

 

ただ、これ以上私たちが首を突っ込むことではないので、その場で一旦終了になりました。

 

その後、奥さんから連絡が

依頼が終わって数ヶ月経ったある日、その奥さんから連絡がありました。

今は子供を連れて実家に帰っているそうですが、何があったのか聞くと

「あの後、しばらくは夫も優しかったんですが、また暴力を振るわれるようになりました」

とのこと。

 

あの後、関係修復を図っていたお二人ですが、旦那さんが

「お前!なんだ!その目は!?まだ俺を疑ってるのか?」

とキレるようになったそうです。

 

子供の前でも叩かれるようになり、耐えきれずに実家に逃げたとのこと。

さらに、驚くべきことに、奥さんがこっそり荷物を取りに帰ったときには、奥さんが女を連れ込んでいたそうです・・。

 

奥さんのご両親も早く離婚するように勧めているそうで、私も

「早く離婚した方がいいですよ」

と言ったのは言うまでもありません(˘ω˘)

 

世の中には、常識や道徳が通用しない人もいるものです。

そんな人と良い関係を築くのは不可能だと思っています。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない