脳天気な人と臆病な人はどちらが浮気しやすいと思いますか?

もちろん正解は脳天気な人です。

 

臆病な人は良く言えば慎重なタイプで、リスクを考えて行動します。

浮気するチャンスがあっても、バレた時のリスクを考えると実行には移しません。

 

「だいじょぶ、だいじょぶ、何とかなるよー」

という脳天気な人は浮気しやすい傾向にあります。

バレた時、離婚することになろうと慰謝料を請求されようと、なんとかなると思っているのでしょう。

家族のことやお金のこと、その後の生活なども何も考えてない人もいます。

「もしかしたらバレるかも・・」という不安すら抱いていないかもしれません。

 

良く言えばポジティブですが、悪く言うと脳天気で無責任ということになります。

今回、ご紹介するのは奥さんも呆れかえるほど能天気な浮気夫のお話です。

 

あいつは本当に頭がおかしいんです

相談に来られたのは30代の女性。

開口一番で

「旦那は本当に頭がおかしいんです」

と言い放ちました(;^_^)

 

旦那さんは後先考えないタイプで、これまでも散財したり勝手に仕事を辞めたりしたことがあったそうです。

奥さんや親のサポートもあって、これまでは何とかなってきたのですが、ついに浮気してしまいました。

 

奥さんは旦那さんのカバンにGPSを仕込んでおり、追跡するとラブホに行っていたそうです。

あとは証拠写真を撮るだけという状態でした。

 

清々しいほど警戒しない夫

警戒心の強い人はあまりラブホテルは利用しません。

利用するとしても、周囲を警戒しています。

自分が駐車場に停めて、その後すぐ別の車が入ってきたら尾行されている可能性があります。

なので、停車してしばらく車内にいて、別の車が入ってきたら別のホテルに行くという警戒もあります。

 

今回のケースはそんな警戒は全くなく、自然に浮気相手と合流してラブホテルに入っていきました。

まるで新人探偵の実習かと思うほどわかりやすい行動で、警戒もありませんでした。

 

証拠を突きつけられた夫は

ラブホテルに入っていく姿を押さえられた旦那さんは奥さんに

「やっぱり離婚したい?」

と尋ねました。

申し訳なさそうな感じはなくて、あっけらかんとしています(-_-;)

まるで、いたずらがバレた子供のような雰囲気です。

 

奥さんは、調査を申し込んだ段階では関係修復の道も考えていました。

「旦那の出方次第」と言っていたのですが、さすがの奥さんも呆れ返ってしまったようです。

奥さんは頭を抱えて黙りこんでしまいました。

 

その場で答えは出さず、お二人は夫婦カウンセリングを受けることになりました。

そして、数ヶ月が経ち・・結局のところ離婚することになりました。

 

奥さんは浮気されたことも許せないものの、それ以上に夫の責任感の無さに限界を感じたそうです。

たしかに、これだけ脳天気な旦那さんだとこれからの人生を共に生きていくのは思いやられます。

旦那さんも悪意があるというより、根本的に価値観がちがうようです。

お子さんがいなかったのは不幸中の幸いだったと思います。

 

旦那さんにとって結婚とは恋愛と同じくらいの重さだったのでしょうか。

離婚することになっても旦那さんからは「取り返しがつかないことをした」という雰囲気は感じられませんでした。

 

もしかしたら浮気相手との再婚を考えているのかもしれませんが、多分そっちもうまくいかない気がします。

不倫は周囲を深く傷つけ、自分の人生を台無しにしかねない行為です。

刑事罰はないものの違法行為だということを忘れてはいけません(˘ω˘)

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない