探偵への依頼を考えている方は切羽詰まった状況のことが多く、とにかく早くなんとかしたいと焦っていることが多いです。

冷静に比較検討してから依頼できる人の方が少数でしょう。

 

ですから、探偵はいい加減な仕事をしていても、ある程度のお客様を確保できてしまうのです。

車や電化製品を買う時はネットで口コミを調べたり、店舗に足を運び店員さんに色々質問して購入を決めるものです。

なので競争は激しくなり、質の高い製品だけが生き残っていきます。

 

でも、探偵は少しちがいます。

「とりあえず近場だったから」

「ネットで調べたら上の方に出てきたから」

などの安易な理由で依頼を決めてしまいがちです。

 

料金面でのトラブルが最も多い

 

探偵選びでの失敗とは、主に料金面での失敗が多いです。

予想以上に高額な請求をされたり、

「追加料金を支払ってもらえればすぐに調査再開しますよ?」

と煽られたりするケースはよくあります。

 

料金面での失敗を防ぐには、その探偵社のホームページをチェックすることが大切です。

ホームページを持っていないところや、料金体系が曖昧なところは選ばない方がいいです。

 

そういうった探偵社が全て悪いわけではありませんが、今どきネットでの情報公開もできないようなところは怪しいです。

探偵社なんていくらでもあるのですから、わざわざリスクを冒す必要はありません。

 

安易に面談に行かない

 

大抵の場合、メールか電話での相談→直接会って面談という流れになりますが、信用できない段階で面談に行くのは危険です。

高確率で言いくるめられて、依頼を決定する羽目になってしまいます。

 

メールや電話で相談するときは、依頼人の話をしっかり聞いてくれるかが一番大切です。

 

また、返事の早さも意外と大切なポイントです。

レスポンスの遅いところは仕事もいい加減なところが多いです。

契約したとしても、約束の期日を過ぎても報告書を出してこなかったり、催促してやっと報告書をもらったら内容がずさんだったりすることがあります。

 

安くない金額を払って依頼するのですから

「この人に調査してもらって証拠が出なかったら諦めよう」

と思えるくらいの信用が必要です。

そう考えれば、適当に探偵を選ぶなんてできません。

 

二度目、三度目の依頼は避けたい

 

私の探偵事務所にも、よそで失敗してうちに来られる方がいます。

証拠は出なかったけど信用できないという人もいれば、ターゲットに探偵の存在がバレてしまったなんてケースもあります。

 

二度目、三度目の依頼となるとお金も無駄になりますし、調査対象の警戒も厳しくなってしまいます。

浮気調査は確実に一回で決めるくらいの意気込みで、探偵を選ばないといけません。

今後の人生を左右することですし、家や車を買うのと同じくらい慎重に選ぶ必要があります。

 

最低でも2社以上を検討したい

 

浮気調査の依頼は、依頼人が

「この探偵なら安心して任せられそうだ」

と思い、探偵も

「この依頼主さんの力になりたい」

と思って契約が成立するのが理想的です。

 

ですので、ネットの検索結果だけで決めたり、紹介業者の勧めるがまま決めるのではなく、自分の目と耳で情報を集めましょう。

 

一発で浮気調査を終わらせるためにも、最低でも2社以上の探偵社と相談してから依頼先を決めるのがおすすめです。

 

浮気調査も人対人の関係ですから、その探偵から受ける印象や人柄はとても重要です。

数社を吟味した上で依頼先を決めれば、その調査は高確率でうまくいきます。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない