浮気するのならバレないように細心の注意を払う必要があります。

もしバレたら家族やお金、場合によっては仕事まで失いかねません。

不倫は刑事罰はないものの、違法行為ですし、ペナルティも重いです。

犯罪をしているくらいの気持ちで、全神経を集中させないといけません。

 

でも、恋愛という要素が絡むと注意や警戒というのはあっさり吹き飛んでしまいます。

浮かれた気持ちでフワフワしていると、ついボロがでてしまうのです。

今回ご紹介するのは、浮気しているのがバレバレなのに嘘や言い訳ばかりする旦那さんのお話です。

 

コンビニで浮気中の夫を目撃した妻

その日、夫は

「今日は休日出勤だから」

と言って仕事着で出かけていきました。

 

その日のお昼、奥さんが近所のコンビニに行くと旦那の車を発見!

助手席には同じ会社の女性が乗っています。

しかも、旦那は私服を着ている!

おそらく、どこかで着替えたのでしょう。

 

しばらくすると、旦那さんも奥さんの存在に気づき、慌てて車を発進させていきました。

 

その日、旦那さんが帰ってきて奥さんは

「今日、私服で○○のコンビニにいたわよね?

しかも、○○さんも一緒に!どういうこと?」

と尋ねると、旦那は

「はぁ?行ってないよ。俺と同じ車なんてたくさんあるから見間違いしたんだろ」

と否定してきました。

 

奥さんは、

「私のこと見て逃げるように車出したでしょ!とぼけないで!」

と言って、旦那さんが

「いい加減にしろ!そこまで言うなら証拠を出してみろ!」

と言ってきました。

 

実はこれ、非常によくあるパターンです(-_-;)

追い詰められた夫が逆ギレして「証拠を出せ!」と言います。

奥さんは心の中で(ああ、そうかい)と思い、探偵に相談に来たのでした。

 

なぜもっと警戒しないのか

浮気する人の中には警戒心の強い人もいれば、全然警戒していない人もいます。

今回の旦那さんは後者です。

 

浮気相手を助手席に乗せて近所のコンビニに行くなんて・・。

奥さんには仕事と言って出掛けたのですから、私服でウロウロするのもダメです。

目撃されたとき、旦那さんが仕事着であればまだ言い訳もできたでしょう。

「社長に頼まれて○○さんと一緒に買い出しに行ったんだよ」とか。

 

浮気調査はどんな風にするのか

どのように浮気調査をするのかは、ケースバイケースです。

今回の場合、浮気相手が同じ会社の女性であることがわかっているので、比較的楽です。

 

2週間旦那さんに張り付いて、その動きを徹底的に追いかけます。

会社周辺や自宅の周辺などを下見してから調査に入ります。

場所によっては張り込みや尾行がしにくいので、下見はとても大切です。

 

奥さんが

「旦那の仕事は力仕事なので汗臭いはずなのに、たまに石鹸の匂いがするから怪しい」

と言っていました。

 

おそらく、会社が終わって浮気相手と会い、それから帰宅しているのでしょう。

つくづく警戒心のない旦那さんです。

調査は退社後の旦那さんの動きを追い、浮気相手のアパートに入っていく姿を撮ることができました。

 

やっぱり言い訳する旦那

旦那さんは

「相談に乗っていただけだ!やましいことはしていない!」

と言い訳します。

 

毎回思いますが、(相談なら外でもできるでしょ)と言いたくなります(-_-;)

言い訳して逆ギレする人もいるので、そういう時は探偵も交えて3人で話し合いをするのがおすすめです。

 

こんなとき探偵は

「やましいことがないのなら、○○さんも呼んで4人で話をしませんか?」

と言います。

奥さんも

「そうですね。疑わしいことをしたんですから携帯も見せてもらいましょう」

と言います。

そうすれば、大抵の人は浮気を認めてくれます。

 

このご夫婦はお子さんもいなかったので離婚はしませんでした。

浮気相手の女性には慰謝料を払ってもらい、会社も辞めてもらいました。

 

ちなみに、浮気相手の女性はバツイチ子ありのよくあるパターンでした。

浮気相手の女性も今後の生活が大変でしょう。

一番可哀想なのはお子さんですが・・。

 

不倫はそれくらい大きなものを失う危険な行為なのです。

罰金で済む刑事罰の方がまだマシかもしれません。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない