浮気が発覚しても半分以上の夫婦は離婚していません。

子供や生活のこともあるので、恋人時代のように

「もう信じられないから別れる」

とは簡単にはいかないのです。

 

よく

「離婚した方がいいのでしょうか」「どうしたらいいのか自分でもわかりません」

という相談をいただきますが、悩んでいる時点で離婚しない方がいいのではないでしょうか。

 

浮気された→即離婚する、というのは少し焦りすぎだと思います。

絶対にこれ以上一緒に生活するのは無理だと思うなら離婚した方がいいですが、修復できる余地があるのなら、チャレンジする価値はあると思います。

 

大半の夫婦はどのみち冷める

10年も20年も連れ添っていると浮気がなくても愛情は冷めることが多いです。

夢のない話ですが、ずーっとラブラブな夫婦なんて滅多にお目にかかれるものではありません。

 

仮面夫婦だって多いですからね。

夫をATM、妻を家政婦くらいにしか思っていない夫婦だって世の中にはごまんといます。

 

浮気がなくても、夫(妻)は「愛する人」ではなく「生活上のパートナー」になりがちです。

浮気された後に夫婦関係を修復する場合、もう相手を愛することはできないかもしれません。

でも、生活上のパートナーなら戻れる可能性はあると思います。

 

夫婦にはそれぞれの役割分担があるので、それをこなすだけの契約関係といった感じです。

職場で「課長」という役割をこなしているように、家庭では「夫、父親」という役割をこなすだけです。

 

そんな冷めた関係なら離婚した方がマシだ!と思う人もいるでしょう。

そこのところは個人の価値観次第です。

 

ただ、相手に求めるハードルを上げるほど関係修復も困難になります。

浮気された人は確かに被害者ですが、浮気した人だっていつまでも責められ続けると逃げ出したくなってきます。

それが原因で2度目の浮気をすることもあります。

 

離婚しない道を選ぶのなら、今後どんな夫婦を目指していくのかを考えておくことが大切です。

 

綺麗事で生活はできない

子供の立場からすると、両親が離婚するのと、仮面夫婦に育てられるのではどちらがマシなのでしょう。

この答えはでませんが、離婚するのならば現実的に今後の生活を考えないといけません。

 

浮気されたけど離婚しない理由を突き詰めていくと、「子供のため」か「生活のため」になります。

離婚することとしないことのメリット・デメリットをよく比較しないといけません。

天秤にかけた結果、「離婚しない」を選ぶ人も大勢います。

 

一緒に生活していれば大切な存在になる

年長者の方の話を聞いていると、長年一緒にいればそれだけで大事な存在になるそうです。

 

浮気した夫であっても、その人のおかげで生活してこれたのは事実なので、大切な存在になるという人もいます。

「夫(妻)は同居していた義父母と同じような存在」

と言っている人もいました。

 

浮気で深く傷つけらても時間が経てば、また別の方向から大切な人になるのかもしれません。

 

もっとも、浮気された後の生活は茨の道で、フラッシュバックが起きたり、うつ病になる人もいます。

それを乗り越えて夫婦仲を修復するのは生半可なことではありません。

今後どうするべきかは一人で抱え込まずに、信頼できる人やカウンセラーと相談するのがいいと思います。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない