浮気発覚後、離婚はしないが、浮気相手には慰謝料を請求するというケースが一番多いです。

夫婦の問題は別として、浮気された人は大きな精神的苦痛を味わったのですから、償いをしてもらうのは当然です。

もし、離婚もせず慰謝料も請求しなかったら、浮気された人はただ苦しんだだけということになってしまいます。

 

夫が浮気して、妻が浮気相手に慰謝料を請求した場合、

「それだけはしないでくれ。

彼女もすごく反省しているから」

と止めてくる夫がいます。

 

まだ浮気相手に対する気持ちが残っているのでしょう。

離婚しない以上は夫に慰謝料を請求しても意味がないので、請求する相手は浮気相手しかいません。

 

個人的には、周りが何を言おうと慰謝料は絶対に請求すべきだと思っています。

それに、浮気相手をかばう夫は再び浮気相手とくっつくかもしれません。

浮気するような人ですから、正義感や人情で止めているとは思えません。

 

浮気したのに慰謝料を払わないというのは、交通事故を起こしたのに賠償しないのと同じです。

悪意がある分、浮気の方がタチが悪いです。

大人ならば自分の仕出かしたことの責任は取らないといけません。

 

親と結託して妻を攻撃する浮気夫

奥さんの依頼を受けて調査し、夫の不貞の証拠を掴みました。

奥さんの希望は、離婚はせずに浮気相手に慰謝料を請求するということです。

 

しかし、夫はそれを食い止めようと妻を説得しています。

「彼女は生活が苦しいし、精神的にも大変だから追い打ちをかけないでくれ」

とか

「どうしても請求するなら俺が肩代わりする」

とか意味不明なことを言っています。

 

家計を同じくしている夫に肩代わりされては意味がありませんし、彼女の罪は彼女に償ってもらう必要があります。

 

それに、浮気相手への思いやりはあるのに、浮気で奥さんが傷つくのは平気だったのでしょうか。

なんとも虫のいい話です(-_-;)

 

こういう人は高確率で浮気を繰り返します。

挙句の果てには、夫のお母さんまで出てきて奥さんを攻撃しました。

姑さんは

「あなたも浮気されるような行動をしていたんでしょ?」

「妻の分際で夫の言うことがきけないの?

息子が可哀想、浮気したくなるのも無理ないわ」

と言ってきて、離婚話まで勧めているそうです。

 

過保護な母親とマザコンの息子ということでしょう。

ただでさえ厄介な話に、面倒な人間が乱入してきてめちゃくちゃな状態です。

 

いつの間にか家庭内の立場は、奥さんが非情な人間ということになってしまいました。

浮気相手に慰謝料を請求するのかしないのか、という話は一ヶ月以上続き、私はずっと奥さんと電話で連絡を取っていました。

 

調査前の段階で、家計やお子さんの状況を聞いていて、その時は私も

「離婚はしない方がいいですよ」

と言っていました。

 

でも、こうなってくると離婚した方がいいのかもしれません。

浮気夫と姑の言いなりになれば奥さんはこれからもずっと不幸でしょう。

関係修復など望めそうもないので結局離婚して、夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求することになりました。

 

浮気がバレた後の態度は重要

調査前で離婚するか悩んでいる方には

「とりあえず、証拠を見せた後の旦那さんの反応を見てから考えましょう」

と言います。

 

潔く浮気を認めて、妻の要求を素直に飲む夫であれば、やり直せる可能性も十分あります。

逆に、加害者のくせにウダウダと言う人とやり直すのは難しいです。

 

そもそも、そんな人とこれからも生活していくなんて嫌気がさすでしょう。

はっきり言って、浮気した人に何かを主張する権利はありません。

 

浮気する人の中には、自分に都合のいいことばかり言う人、口の達者な人が多いです。

そんな人にずっと攻撃されていたら、いつの間にか

「この人の言うとおりなのかも・・」

と洗脳されてしまいます。

丸め込まれては相手の思う壺なので、自分の味方になってくれる人を持つことが大切です。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない