ターゲットを尾行していると予想以上の遠出になることがあります。

これまでに尾行で着いて行ったのは長崎のハウステンボス、バイオパーク、大分の湯布院などです。

鹿児島県の霧島神宮や熊本の阿蘇山などのパワースポットにも行きました。

どうせならプライベートで行きたかったですね・・。

 

浮気相手を追いかけていると、いつの間にか観光地まで追いかけさせられることが度々あります。

高速に乗った時点で

「あ〜これは長崎に行くつもりだな(-_-;)

カステラでも買って帰るのかな?」

と大体わかります。

 

本人たちは計画と準備をして出かけていますが、探偵は突然のことなので、内心

(マジかよ・・勘弁してくれよ)

とうなだれています。

 

今回は、屋久島まで旅行に行った不倫カップルのお話です。

 

不倫旅行を追いかける探偵

相談に来られたのは20代後半の女性で、旦那さんが浮気しているそうです。

旦那さんはトラックのドライバーをしており仕事で帰らない日も多いとのこと。

 

奥さんは独自に浮気を調べていて、どうやら相手は取引先に勤める女性だそうです。

この組み合わせは浮気の典型的なパターンですから、こちらとしては驚きはありませんでした。

 

ただ、この時は浮気夫が不倫旅行に行くとは夢にも思っていませんでした。

 

休日出勤とウソをついて不倫旅行へ

実は、旦那さんが勤める会社には奥さんの協力者がいて、旦那さんの怪しい行動を知らせてくれていました。

その情報源から浮気相手の素性を突き止めたそうです。

 

二人で協力して浮気を追求しようとも考えましたが、旦那さんの性格からして言い訳しそうなので探偵を使うことにしました。

 

奥さんの話によれば、旦那さんは行き先を言わずに外出することが多く、そのタイミングが怪しいとのこと。

 

依頼をいただいて、旦那さんの尾行&張り込みを開始しました。

ある日の朝、ジャージ姿で自宅から出てきた旦那さんは車に乗って出かけます。

旦那さんの車は近くのコンビニに止まり、そこで浮気相手とおぼしき女性を拾いました。

 

(このままホテルに行くのか?案外楽に終わる調査だったな)

と浮かれていたのですが、旦那さんの車はまさかの高速に!

追いかけた先はなんと福岡空港でした。

 

(マジで!?その格好で飛行機に乗るの?

というかこれ以上追いかけられないよ)

と焦る探偵・・。

 

どうやら着替えはあらかじめ車内に用意していたようで、空港のトイレで着替えていました。

私達はできる限りベストを尽くそうと、旦那さんと浮気相手の写真を多数撮影し、行き先が屋久島ということまでを突き止めました。

 

そのあとすぐ奥さんに

「旦那さんが福岡空港から屋久島に行きました!」

と報告したのですが、奥さんは

「はぁーー!!!??」

とぶちギレていました。

 

家を出るとき、旦那さんは奥さんに

「ちょっと出かけてくる」

と言って出て行ったそうです。

随分、長距離の「ちょっと」ですね(-_-;)

 

お金もかなりかかるでしょう。

小さいお子さんもいて家計も余裕はないらしく、奥さんの怒りはごもっともでした。

 

ついに浮気を認めた旦那さん

翌日、旦那さんが自宅に帰宅するなり、奥さんは探偵が撮った写真を突きつけました。

「どこに行ってたの?」

と聞くと、旦那さんは

「し、仕事だよ!!」

と、うわずった声で返しました。

 

しかし、撮影した写真には女性の顔も写っています。

 

ドライバーのあんたが取引先の事務の女と飛行機で出張に行くのか?

なんなら会社に電話して聞いてやろうか?

と奥さんが強きで追求すると、旦那さんは浮気を認めました。

 

その後、離婚はせずに浮気相手に慰謝料を請求しました。

諸々の手続きで旦那さんともお話する機会があり、こんなことを言われました。

 

「探偵さん。うちらの業界ではこんなの日常茶飯事なんだよ?

浮気してない奴の方が珍しいよ?」

と。

 

もちろん、そんなことは私達も知っています|д゚)

ドライバーにはヤンチャな人が多く、若い時に結婚する人が多いので浮気する確率も高いのでしょう。

浮気相手の女性もギャルっぽい20代の女性でした。

 

ちなみに、屋久島への旅行は浮気相手の彼女の誕生日を祝うために計画したそうです。

そこまでするということは、旦那さんはかなり真剣だったのでしょう。

 

でも、浮気を認めた後は一転して奥さんの味方になりました。

やっぱり、人の気持ちなんて状況次第でコロコロ変わるものですね(-_-;)

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない