前回の記事で、法律上の浮気と認められるには肉体関係をもった証拠が必要という内容を書きました。

法律的には明確な線引きがあっても、人間の感情としては、どこからが浮気なのかは人それぞれです。

異性と食事に行くだけで浮気されたと思う人もいれば、電話するだけでも嫌という人もいますよね。

 

ちなみに、私個人の感覚としては「パートナーに秘密で会っていれば浮気」だと思います。

やましいことがないのであれば、「○○さんとご飯に行ってくる」と言えばいいのです。

それを隠すからバレた時に話がややこしくなってしまいます。

 

肉体関係のないプラトニックな関係であれば、法律的にはセーフでも当人としては良い気分はしませんよね。

パートナーが嫌がる行動を続けていれば、離婚までいかなくても夫婦仲が悪くなってしまうことは避けられないでしょう。

 

今回は、法律的にはセーフだけど奥さんの心情的にアウトだった事例のご紹介です。

 

夫の行動は浮気と言えるのか

相談に来られたのは40代の女性で夫婦で生花店を営んでいます。

従業員を2人雇っているのですが、そのうちの若い女性と旦那が浮気しているかもしれないというご相談でした。

 

2人1組で配達に行くことがあるのですが、奥さんは旦那さんと女性従業員がペアにならないように気を配っていました。

それでも、人数の都合上2人がペアになることもあれば、店内に2人きりになることもあるそうです。

 

奥さんは、旦那と女性従業員が仲良くしているのを見るのがすごく気分が悪いので、女性従業員に辞めてくれないかと持ちかけたのですが、旦那さんが断固反対しました。

これで奥さんの中では浮気確定になったそうです。

 

話を聞く限りでは浮気しているのかはわかりませんが、旦那さんと女性従業員が親しい関係にあることは間違いないでしょう。

そりゃあ奥さんだって良い気分はしないですよね。

夫と女性従業員が密会した場所は

依頼をいただいて旦那さんの尾行を開始しました。

旦那さんはお店にいるとき以外は、常に外を車で走り回っている状態で追いかけるのも大変です。

 

数日尾行した限りでは真面目に働いているだけでしたが、ある日旦那さんの車はコンビニに止まりました。

でも、旦那さんは一向に車から出てこない・・すると数分後に若い女性が助手席に乗りこんでいきました。

 

しかし、発信しない車・・どうやら車内でお喋りしているようです。

さすがに、こんなところでカー〇ックスはしないでしょう。

 

旦那さんの車の前を通り過ぎるふりをして、カバンに埋め込まれたカメラで車内の様子を撮影しました。

どうやら旦那さんは手作りのお弁当を食べているようです。

 

30分くらい一緒にいたのか、女性従業員は車から降りて去っていきました。

その後、2度密会の様子を撮影しましたが、毎回車内で会うだけでホテルに行ったりはしていませんでした。

 

不貞行為はないけど密会はしている

奥さんの話によれば、密会があった日、女性従業員は休日だったそうです。

しかも、奥さんは手作り弁当なんて作っていないとのこと!

 

つまり、女性従業員は休みの日にお弁当を作って、旦那さんと待ち合わせして渡しているということです。

これは相当親しい間柄でしょう。

 

奥さんとしては、離婚や慰謝料などは考えておらず、女性従業員を辞めさせて夫に会わせないことが目的でした。

そのためにはこの証拠で十分なので、奥さんは旦那さんに密会の写真を突きつけたそうです。

 

最初、旦那さんは

「相談に乗っていただけだ」

と言い張っていました。

 

でも、奥さんにやましい隠し事をしていたのは事実ですし、手作り弁当を作ってもらうのも怪しいです。

旦那さんも渋々女性従業員を退職させることに同意したそうです。

 

ただ、私としては(旦那さんはこれで本当に密会をやめるのかな)と思いました。

お店で会えなくなっただけで、これまでのように密会はできるのですから根本的な解決にはなっていない気がします。

 

女性従業員には、二度と夫と会わないという念書を書かせたそうですが、どれ程の効力があるのでしょう。

でも、たしかに不貞行為はなかったのですから、これ以上の対策はできません。

 

旦那さんも40代後半くらいの方だったので、性欲よりも癒しを求めて密会していたのかもしれません。

女性従業員の側にも恋心はあったでしょうね。

 

今は不貞行為はないようですが、このまま密会を続ければそうなってしまうのは時間の問題です。

ダメだとわかっていても止められないのが恋心ですが、旦那さんには何とか密会をやめてほしいものです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない