浮気された人の怒りは凄まじいもので、暴力沙汰になることもあります。

私が関わった案件の中でも、浮気相手の家に旦那さんが怒鳴りこんだり、勤め先に不倫していたことをバラしたりと、様々なケースがありました。

 

女性がビンタするくらいならまだしも、男性の力で暴力を振るうと思わぬ事態に発展することがあります。

旦那さんが浮気相手の男の顔面を殴って片目を失明させたケースもありますから、暴力は絶対にいけません。

この旦那さんは逆に多額の慰謝料を支払うことになってしまいました。

 

法律で「自力救済の禁止」と決まっており、自分の手で制裁や復讐をしてはいけない決まりになっています。

もちろん、復讐代行などを使うのもダメです。

 

制裁は必ず裁判所を通して行う必要があります。

現実的には、慰謝料や謝罪を要求することしかできません

それで怒りが収まらなくても、それ以上のことをやれば自分が加害者になってしまいます。

 

一般的に、男性の怒りは一気に爆発することが多く、女性の怒りはネチネチ続くことが多いです。

妻に浮気された旦那さんの怒りが爆発して、警察沙汰になるケースも少なくありません。

時には、わざと旦那さんを怒らせて暴力を振るわせ、自分の立場を良くしようとする女性もいるので恐ろしいものです。

 

「法は家庭に入らず」という言うように、浮気の制裁としてどこまでが許されるのかはグレーゾーンになっています。

例えば、浮気していた妻をビンタしたら、家庭内暴力として訴えられるのでしょうか。

浮気した妻にギリギリの生活費しか渡さないのは?

浮気相手の職場に対して浮気していたことをバラすのは名誉棄損になるのでしょうか。

これらは浮気された人の気持ちも理解できるので微妙なラインです。

 

慰謝料や謝罪くらいでは怒りが収まらないという人も多いですが、復讐すれば自分にも何かしらの不利益が返ってくるものなので、正当な制裁以外はしない方がいいというのが私の意見です。

浮気後も結婚生活を続けるのであれば、なおさら制裁よりもこれからのことを考えないといけません。

 

今回は、奥さんの浮気相手に自ら制裁を加えた旦那さんの事例をご紹介したいと思います。

 

妻が上司と浮気している?

 

探偵事務所に相談に来られたのは40代の男性で普通のサラリーマンという印象の方でした。

お話を伺うと、奥さんが勤め先の上司と浮気しているとのことです。

奥さんは一回り年下で、浮気相手の目星もついています。

 

旦那さんは奥さんの携帯から浮気の証拠を掴んでいるものの、奥さんに追求しても言い逃ればかりするそうです。

話し合いでは埒が明かないので、浮気の証拠を掴みたいとのことでした。

 

自らの手で復讐したい旦那さん

 

旦那さんは心配性のようで、浮気調査について事細かに質問されてきました。

それは一向に構わないのですが、旦那さんは慰謝料ではなく、相手の男性に自分の手で復讐をしたいそうです。

 

病院送りにしたいとか、社会的に抹殺するとか物騒なことも言っていたので、こちらも心配になってきました。

浮気相手も既婚者なので、むこうの家庭も崩壊させてやると言っていました。

見た目は穏やかそうな人なのに、心の中では復讐心が煮えたぎっているようです。

妻への不信感と怒りで夜も眠れず、仕事も手につかないと仰っていました。

 

探偵が「自由に復讐していいですよ」と言うことはできないので、制裁は慰謝料請求しかダメですよと念を押して調査を開始しました。

 

依頼主がヤバそうな人であれば依頼を引き受けないこともあるのですが、浮気された人が復讐心を持つのは当然ですし、余程のことがない限りは引き受けるようにしています。

 

現場に怒鳴りこむ旦那さん

 

調査を開始してから旦那さんは頻繁に現場の調査員に電話をかけてきました。

逐一状況を報告してもらわないと気が気がじゃないようです。

 

そして、調査開始から1週間ほど経ったある日、ついに奥さんが尻尾を出しました。

会社から出てきた奥さんは車をパーキングに置くと、後から来た男性の車に乗ってホテルに向かいます。

 

ホテルに入る写真を撮影して、旦那さんに

「今奥さんが〇〇のホテルに浮気相手の男性と入りました」

と報告しました。

 

旦那さんはすごい口調で

「〇〇のホテルですね!?

すぐ行くので詳しい場所を教えてください!」

と言ってきました。

 

依頼主が現場に来るとややこしいことになるのですが、旦那さんもどうしても引き下がってくれません。

仕方なく場所を教えると、ものの数十分で旦那さんがやってきました。

 

旦那さんは

「あいつはどの部屋に入ったんですか!?」

と言って、部屋に押し入ろうとしています。

 

だけど、部屋には鍵がかかっているでしょうし、押し入ることはできません。

今まさに奥さんは浮気相手に抱かれているのですから、旦那さんも平常心を保っていられないようです(だから来ないで下さいと言ったのですが(-_-;))

 

ホテルの駐車場で騒いでいると案の定、不審に思ったホテルの従業員がやってきました。

私がホテルの従業員に事情を説明するものの、旦那さんは

「妻が部屋にいるから鍵を開けろ!」

と怒鳴っています。

 

ホテルの従業員は

「これ以上騒ぐようなら警察を呼びますよ?」

と言ってきて、ようやく旦那さんは引き下がってくれました。

 

とりあえず、私たちは旦那さんに

「奥さんの車は〇〇のパーキングにありますから、待つならそこにしましょう」

と言いました。

 

旦那さんも納得してくれたようで、パーキングで一緒に張り込むことになりました。

奥さんたちの帰りを待つ間も旦那さんは挙動不審で物騒なことを呟いています。

 

「絶対に物騒なことはしないでくださいね」

と旦那さんをなだめながら、気まずい張り込みが続きました。

 

2時間くらいして浮気相手の車が戻ってくると、旦那さんは運転席から浮気相手を引きずりだして胸ぐらを掴みました。

私たちが慌てて旦那さんを取り押さえるも、一向に引こうとしません。

 

浮気相手は最初、浮気なんてしてないと弁明していましたが、私たちが探偵だと気付いて諦めたようです。

それから20分くらいパーキングで怒鳴っていたものですから、ついに警察が来てしまい、私たちも警察署に連れて行かれる羽目になりました(-_-;)

私たちは事情を説明してすぐに解放されましたが、旦那さんは警察官にこっぴどく説教されたようです。

 

慰謝料+退職で決着

 

その後の協議で、旦那さんは浮気相手に慰謝料を請求することと、浮気相手が会社を辞めることで納得してくれました。

 

奥さんとは離婚しないので、どちらかが退職しないと旦那さんの気が収まりません。

旦那さんは奥さんを退職させないと言っているので、浮気相手が辞めるしかありません。

 

旦那さんは浮気相手に

「辞めないなら不倫の証拠を会社に送るぞ!?」

など言っていたので、浮気相手も辞めざるを得なかったのでしょう。

 

旦那さんは浮気相手を病院送りにしたかったそうですが、そんなことをすれば旦那さんもタダではすみません。

浮気相手はお金も職も失ったわけですし、むこうの奥さんも浮気に気付いたでしょうから、制裁としてはこれで十分ではないでしょうか。

浮気相手に復讐したい気持ちはわかりますが、正当なやり方でしないと自分が大変な目に遭ってしまいます。

 

その後、旦那さんから連絡はありませんが、夫婦仲はうまくいっているのでしょうか。

あの旦那さんのキレた姿を見たのですから、奥さんも浮気を繰り返すことはないでしょう。

 

でも・・旦那さんのキレた姿は本当に恐かった・・(-_-;)

久しぶりにキレた人間の恐ろしさを目の当たりにしました。

あの旦那さんのことなので、奥さんへの制裁についても色々と考えていたはずです。

浮気した奥さんが悪いのですが、奥さんも今かなり辛い状況でしょう。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない

 

<おすすめのサイト>

街角探偵相談所は、探偵選びをサポートしてくれるコンシェルジュのようなサイトです。

見積り付きで探偵をピックアップしてくれるので比較しやすく、料金も割引になります。

探偵選びで迷っている方はぜひご利用ください。

>>街角探偵相談所