探偵にとって最も必要なスキルは尾行のスキル、特に車で追跡する能力です。

それ以外の分野は努力でなんとかなっても、運転の上手い下手はセンスの問題で、苦手な人が練習してもあまり上達しません。

 

浮気相手を尾行するときには、赤信号に突っ込まないといけない時もあるし、横断歩道に歩行者がいても強引に行かないといけない場合もあるので運転スキルは必須です。

 

私の勤めている探偵社でも面接で

「車の運転に自信がありますか?」

という質問は必ずされますし、試用期間中に最も見られているのも運転のスキルです。

こればっかりは適正がくっきり分かれてしまいます。

車だけでなく、バイクを使うこともあるので、そっちにも慣れておく必要があります。

 

何度かタクシーに乗ってターゲットを尾行したことがありますが、かなりの確率で気付かれてしまいます。

探偵に求められるのは安全運転ではないので、けっこう独特な能力が求められるのです。

 

普通の人が浮気相手を尾行するのは難しい

 

ベテランの探偵でも尾行が失敗することはあるので、普通の人で、しかもターゲットに知られている車で尾行するというのはかなりリスキーです。

事故を起こしてしまうと大変ですし、ターゲットにバレてしまうことも多いです。

 

稀に、自力で尾行を成功させる強者もいらっしゃいますが、基本的に尾行はおすすめしません。

自分で尾行するくらいなら、こっそりGPSを設置する方がおすすめです。

 

免停になる探偵もいる

 

ターゲットの車が信号が変わる直前で左折したので、

「ここで止まるわけにはいかない!」

と強引に赤信号に突っ込む・・そしたら曲がった先にパトカーがいて捕まる・・なんて不運もあります。

 

探偵は警察のような権力がないので、バレたらそこでおしまいなのです。

どんなに注意していても交通違反になることは避けられませんし、免停になってしまう探偵もいます。

 

調査員の少ない探偵社だったら、

「みんな免停になっちゃって依頼を受けることができない・・」

なんて事態もあり得るかもしれません。

 

私も何度が歩行者を轢きそうになったことがあります・・。

寝不足の状態で尾行しないといけない場面もありますし、探偵もそれだけのリスクを負っているということをご理解いただけると嬉しいです。

浮気調査って簡単にできそうで、実は高度なスキルと経験、そして意地が求められる仕事です。

 

失敗をごまかす探偵社

 

探偵の不手際でターゲットの尾行に失敗したのに、それを誤魔化そうと

「調査対象に動きはありませんでした」

とウソの報告をする探偵社もあるようです。

 

料金は前払いのところが多いですし、探偵がちゃんと調査したのかを確かめる術もないので、泣き寝入りする羽目になってしまいます。

尾行が下手な探偵のせいで、ターゲットに尾行がバレても困りますし、どの探偵に選ぶかはとても大切です。

 

依頼主さんの立場からすれば、その探偵社がどれだけの調査力を持っているかは判断しにくいので、面談の段階で調査員に会わせてもらうのがおすすめです。

頼りなさそうな印象だったら、別の探偵に相談に行くのも手ですよ。

 

尾行は見失った後が大切

 

尾行で一番まずいのはターゲットに気付かれてしまうことなので、気付かれるくらいならその場は見失った方がマシです。

それに、土地勘や経験が豊富なら見失っても、目的地を予想することができます。

浮気の密会場所はけっこう限られていますから、勘で追いかけると意外と追いつけるものです。

 

依頼主さんの中にも、自分で尾行したという方は多くいますが、ほとんどの方は失敗しています。

実際にやってみるとわかりますが、車で尾行するのは難易度が高いです。

 

車にはサイドミラーやバックミラーがありますし、浮気中の人は少なからず警戒していますから。

それに、尾行が成功しても、自分で証拠を撮影するのはさらに難易度が高いです。

証拠を撮影せずに、直接怒鳴り込む人もいますが、それだと慰謝料を取るための証拠がなくなってしまいます。

 

夜間や望遠で撮影できる機材を揃えるのも大変ですし、探偵に依頼した方が安上がりで安全です。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない