浮気調査を依頼するとき、依頼主さんが一番気になるのは費用がいくらかかるのか、です。

ホームページで大体の価格を調べていても、自分の場合にいくらかかるのかは見積りを出すまではっきりしません。

 

相場より高い金額をぼったくられても不満が残りますし、激安料金のところに頼んで調査が失敗に終われば元も子もありません。

今回は、浮気調査をするといくらぐらいかかるのかや、探偵を選ぶときのチェックポイントをご紹介します。

 

見積りは必ず総額で確認する

 

まず、ネットで良さそうな探偵社を探して、見積もりを出してもらいましょう。

その時に

「その金額は総額なのか」

ということを必ず確認しないといけません。

 

見積り書には細々とした詳細が載っていますが、依頼主さんにはあまり関係のないことで、大切なのは総額の金額です。

浮気調査は場合によっては追加費用がかかることもありますが、どんな場合に追加費用がかかるのかも確認しておく必要があります。

 

基本的に、依頼主さんの同意をいただいた後でないと追加費用は発生しないはずです。

現地の調査員の判断によって高速やホテルの費用がかかることもありますが、数千円とか誤差の範囲でしょう。

 

普通は見積もりで「50万円です」と言ったら、依頼主さんが延長しない限りはこの金額を超えることはありません。

 

相場はあまり関係ない

 

依頼する立場からすれば相場はとても気になりますが、あまり気にする必要はありません。

地域ごとに相場は違いますし、同じ地域の中で比較しても調査の条件によって価格が変わってきます。

 

浮気調査は基本的に2人1組で行うべきですが、1人で調査しているところなら価格も安いはずです。

ただ、1人では調査に穴が出やすいのでおすすめしません。

 

価格も大切ですが、もっと大切なのは浮気調査が成功するのか、ということです。

いくら安くても証拠が取れなければ大損なので、価格よりも信頼性を重視すべきです。

多少高い料金がかかっても、下手な探偵に頼んで失敗されるよりは遥かにマシです。

 

実際に調査を依頼したらどのくらいかかる?

 

浮気調査の費用は探偵社ごとにまちまちです。

見積りを出さないことには予測もたちませんが、参考までに私の探偵社の事例をいくつかご紹介します。

 

ケース1,休日以外の2週間、退社後の夫を尾行した場合

「退社後に浮気相手と会っているようだ」とわかっていたので、退社後を尾行することになりました。

18時から帰宅までを調査するので、旦那さんがまっすぐ帰ればその日はすぐに調査終了になります。

 

探偵の稼働時間は短い日で1時間、長ければ6時間ほどで、その日のターゲットの動きによってかわります。

 

合計で10日調査したので調査時間は約40時間になりました。

10日のうち3回、浮気相手と密会していたので、その全てを撮影しています。

この調査の価格は約50万円でした。

 

1時間あたり12000円程の料金が発生した計算です。

私が言うのは変ですが、調査員2人でこの金額は良心的な価格だと思います。

 

 

ケース2,10日間待機して5回まで出動する

このケースでは常に尾行するのではなく、奥さんから

「今日、夫が浮気相手に会いそうです」

という連絡をもらった日に探偵が出動する調査になりました。

 

旦那さんは浮気相手と会う日はいつも奥さんに帰宅が遅くなるというメールを入れるそうです。

探偵は10日間いつでも動けるように待機しておくので、怪しい日だけピンポイントで尾行する作戦です。

 

調査開始後、3日目で旦那さんに動きがあり、奥さんから連絡をもらって尾行すると証拠を撮影することができました。

その後、8日目にも密会現場を撮影しています。

 

この調査でいただいた費用は37万円です。

実際に出動したのは2回で稼働時間も10時間ほどですが、10日間待機していたのでこの金額になりました。

闇雲に10日間調査するよりは数段安いのでお互いにメリットがありました。

 

 

ケース3,土日のみ調査した場合

旦那さんが土日に浮気相手と会っているという依頼でした。

朝から自宅付近で張り込みして、旦那さんが出かけたら追いかけます。

 

奥さんと話し合った結果、今週の土日で動きがなければ来週も調査・・という形で契約することになりました。

 

結果的に3日目で証拠を撮ることができました。

調査時間は合計で30時間ほどです

費用の総額は約40万円になりました。

 

幸いなことに3日目で尻尾を出してくれたので、少ない調査日数で済みました。

 

よく相談して調査計画を立てることが重要

 

どのように調査すればいいのかは、場数を踏んでいる探偵の方が的確に判断できます。

常にターゲットを追いかけるという計画でもいいのですが、それだと無駄な費用が発生しています。

 

ターゲットの行動パターンがわかっているのなら、探偵と話し合ってポイントを絞って調査した方がいいです。

良心的な探偵なら無駄な調査時間が発生しないように提案してくれます。

 

無駄な費用を発生させないためにも、話をよく聞いてくれて親身に対応してくれる探偵に頼むべきです。

 

いくら安くても

「うちではこういうシステムなんで、そんな融通はききませんよ」

なんて言う探偵には依頼しない方がいいです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない