高い費用を払って浮気調査をお願いしたのに、探偵が調査に失敗してしまった・・こういう事態は当然起きる可能性があります。

ここでいう失敗とはターゲットが白だったということではなく、探偵が尾行中にターゲットを見失った、あるいはターゲットにバレたという失敗です。

 

浮気調査が終わった後は報告書を依頼主にお渡ししますが、そこに「スタッフのミスにより尾行に失敗」と正直に書くのでしょうか。

私が勤めている探偵事務所は必ず2人1組なので正直に書きます。

「ミスがバレると嫌だからこっそり口裏合わせてよ」というやり取りはありません(多分)

こちらのミスで失敗したのですから、希望があれば無料で調査を延長します。

 

探偵社は無届の業者も合わせれば相当な数がありますから、中には不誠実な調査をしているところもあるでしょう。

依頼を引き受けると、後は下請けに丸投げというところもあります。

自分のミスで尾行に失敗したのに報告書に嘘を書いたりとか、ひどい場合はそもそも調査していないということもあります。

 

まあ、長く探偵の仕事をしていれば調査に失敗することは誰にでもあります。

問題は失敗した後で、どのように行動するかでその会社の質が問われるでしょう。

 

探偵に依頼するときは、調査員のミスで失敗した場合どうなるのかも確認しておいた方がいいです。

 

優秀な探偵とは

 

探偵の仕事は経験や努力で補える部分もありますが、補えない部分も大きいです。

まず、運転技術は必須ですがこれは努力ではどうにもなりません。

 

土地勘があったり、すぐに道を覚えられる人の方がこの仕事に有利です。

自分の住んでいる県だけでなく、周囲の県や渋滞する時間帯まで知っている人でないと見失いがちになります。

 

また、不規則な生活リズムで長時間の張り込みがあり、走って追いかけることもあるので体力も必須です。

「運転技術」「体力」この2つを備えていて、かつ経験を積んでいる探偵が優秀といえます。

 

調査が成功する確率を上げるには

 

依頼主さんの側でも調査を成功させるためにできることがあります。

まず一番大切なのはターゲットを泳がせることです。

既にターゲットが警戒している状態であれば、今からでも警戒心を解く必要があります。

 

浮気される以前と同じように行動して、(もう疑っていないんだな)と思わせることが大切です。

ターゲットが警戒しているのとしていないのとでは、尻尾を出す可能性が段違いですから油断させることはとても有効です。

 

また、ターゲットの行動を把握して怪しい時間帯や密会しているであろう場所を探偵に伝えておけば、探偵も調査がやりやすくなります。

依頼主の話をちゃんと聞かない探偵社には依頼しない方がいいでしょう。

 

失敗しないための探偵選び

 

探偵の選び方について、「ここをチェックすれば必ず良い探偵社ですよ!」というような絶対的な基準はありません。

知名度がありホームページもオフィスも綺麗で、相談員の対応もすごく良かった・・なのに調査がずさんな探偵社もあります。

 

探偵選びとは病院選びに似ている側面があります。

私は去年インプラントの手術をしたのですが、インプラントは歯医者さんの技術力によって仕上がりが全く違います。

料金も10万円のところもあれば、50万円のところもありピンキリです。

健康に関わる重大な問題なので、県内の歯医者を10箇所以上回って一番信頼できそうな歯医者さんでインプラントの手術をしました。

ネットの口コミなんて誰が書いているかわからないので、あまり参考にしていません。

 

探偵選びもそれと同じで、無料相談をしてみて信用できそうかを自分でチェックしないといけません。

よく考えて比較して、その結果失敗したのであれば、まだ諦めもつくと思います。

 

私が尾行で失敗した体験談

 

私もこの仕事を10年以上やっているので、何度も調査に失敗しています。

その中で一番印象に残っているケースをご紹介します。

やはり、仕事に慣れてきた時が一番危険で、その時の私は慢心していたのでしょう。

 

車の運転にはけっこう自信のある方でしたが、交差点の青信号でターゲットの車が右折していきました。

ここで止まっては見失うとアクセルを踏もうとしましたが、対面から直進の対向車が来ています。

信号は青ですが直進と右折なので、本当は私が止まらないといけませんが、ここで止まれば見失ってしまうかもしれません。

私は対向車がスピードを落としてくれることを願って強引に右折しようとしましたが、対向車もそのままのスピードで突っ込んできて、車の横っ腹に追突されました。

 

衝突の音が派手に周囲に響いたので、ターゲットにも気付かれたでしょうし、私が尾行のために強引に曲がろうとしたことにも気づいたはずです。

結局、これ以上調査することはできず、依頼主からの料金も受け取りませんでした。

 

行くか止まるかの判断が難しいのは徒歩の尾行も同じで、経験によってその判断ができるようになります。

一旦、ターゲットを見失ってでも尾行を中断すべき瞬間がありますが、こちらも証拠がほしいので焦りがあります。

やる気があっても未熟な調査員だと止まるべきところで特攻してしまうのです。

 

依頼主の立場からすれば、「ここの探偵は信頼できるのか」を自分の目でよく確かめないといけません。

今後の人生を左右する出来事なので、5社でも10社でも納得のいくまで探偵を探す必要があります。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない