探偵事務所に相談に来られる方の多くは女性で、旦那さんの浮気でひどく悩まれています。

奥さんは平穏な生活を送りたいだけなのに、旦那さんの軽率な行動で家庭が崩壊してしまうケースは少なくありません。

 

相談に来られた奥さんに私たちが最初にお話することは、

「今の旦那さんに何を言っても逆効果です」

ということです。

 

浮気している男の頭は恋愛モードで正常な判断ができなくなっています。

疑われたり、説得されたりしたぐらいで浮気をやめる人はいませんから、何を言っても逆効果になってしまいます。

まずそのことを認識した上で今後どうしていくのかを考えないといけません。

 

不倫は行くとこまで行かないと終わらない

 

何年も旦那さんの浮気を疑いながらもずっと我慢している奥さんもいらっしゃいます。

「自分が我慢すれば丸く収まる」「いつか浮気をやめてくれるかも」と思っているのでしょう。

 

しかし、不倫は修羅場にならない限りは終わることがありません。

ずっと旦那さんの浮気を放置していたばかりに、旦那さんが突然離婚を切り出してきたとか、浮気相手を妊娠させたというケースもあるので放置は危険です。

早ければ早いほど傷も浅くて済みますから、できるだけ早い段階で手を打つことが大切です。

浮気脳はおめでたい、何を言っても無駄

 

浮気している男性の頭の中はお花畑状態です。

「だいじょうぶ、だいじょうぶ、何とかなるさー」

くらいにしか考えていないので、嘘や言い訳を平気でします。

 

もし、旦那さんに浮気を認めさせて相手と別れることを約束させても、そんな約束は平気で破ります。

相手の女に電話して釘をさしても、二度と浮気しないという誓約書を書かせても、裏でコソコソ密会しているのですから並大抵のことでは不倫カップルは別れません。

逆に、奥さんという共通の敵をもったことで絆が強くなってしまいます。

 

不倫を終わらせるには証拠を掴むしかない

 

不倫カップルに自分のしたことの重大さを理解させ償わせるには、浮気の証拠を掴んで正面から立ち向かうしかありません。

証拠なしで問い詰めたところで言い逃れされるに決まっていますが、裁判でも有効になるような証拠であればさすがに不倫カップルも罪を認めます。

 

探偵に依頼して浮気の証拠を掴んだら、まずやるべきことは浮気相手への慰謝料請求です。

浮気相手はこちらの家庭を崩壊に追い込み、奥さんに大きな精神的苦痛を与えたので、償いをしてもらう必要があります。

 

旦那さんと離婚するかはその後の話です。

すぐには決めずに、後々で離婚することになっても浮気の証拠があれば有利になります。

浮気する旦那さんというのは基本的に奥さんのことを舐めているのですが、証拠があればその立場を逆転することができます。

 

確実に浮気の証拠を掴むために

 

裁判でも有効になるような浮気の証拠とは、不貞行為をもった証拠でありホテルに入る写真などです。

それ以外は状況証拠としては有力でも決め手にはなりません。

 

不倫カップルも警戒していますから、ホテルに入る写真を撮影するのは簡単なことではありません。

プロの尾行と本格的な撮影機材が必要なので探偵でないと証拠を掴むことはできません。

 

現在、探偵社は全国に5000社以上ありますが、調査力や費用はピンキリで、探偵に頼んだのに証拠を撮れなかったというケースも少なくありません。

なので、探偵に依頼する前に、そこが本当に信頼できる探偵社なのかを慎重に見極める必要があります。

焦って決めずに、何社かに相談して比較することが大切です。

 

調査の結果によって今後の人生が左右されるのですから、心底信用できるくらいの探偵社でないといけません。

良い探偵社を見極めるポイントは色々ありますが、結局は実際に話してみて信頼できそうかという印象や人柄が鍵になります。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない