浮気が遊びでなく本気だった場合、行き着く先は別居や離婚です。

浮気夫と奥さんの関係は当然険悪ですから、旦那さんの心は日に日に浮気相手の方に傾いていきます。

そして最後には、家族を捨てて女の元に走るわけです。

 

浮気夫が

「お前とこれ以上生活するのは無理だ!」

と言って家を飛び出した場合、

「ああそうですか!!離婚しましょう」

となるケースは稀です。

 

だって、即座に離婚を承諾すると、夫を浮気女に盗られることになります。

「浮気女に夫を盗られる」などプライドが許しませんし、離婚するにしても相手には償いをしてもらわないと気が済みません。

 

人生を台無しにされた奥さんの怒りは凄まじく

「浮気女を絶対に許さない、何が何でも追い詰めてやる」

という復讐心で一杯になります。

 

夫婦の片方が離婚を拒んだ場合、離婚が成立するまでには何年もかかります。

別居していても離婚が成立するまでは夫婦なので、不貞をすれば不倫になります。

 

「夫婦関係が破綻していたから不倫じゃない」

と言う人もいますが、夫婦関係が破綻していたと認められるハードルはかなり高いです。

勝手に別居を始めて浮気しておいて、そんな言い分は通用しません。

 

今回は、家を飛び出して浮気相手と同棲を始めた旦那さんのお話をご紹介します。

 

家を飛び出した浮気夫を追う

 

奥さんが探偵事務所に相談に来られた時点で、既に別居状態になっていました。

奥さんは2年前から旦那さんの浮気に気付いて、何度もそのことで口論になったそうです。

何とかして浮気を認めさせたい奥さんと、絶対に認めない旦那さんの喧嘩はエスカレートしていき、ついに旦那さんが家を出ていきました。

今は会社の近くにアパートを借りて、寝泊まりしているそうです。

 

数日後、旦那さんが入れたと思しき離婚届が郵便受けに入っていたそうですが、

「あいつは離婚して浮気女と一緒になるつもりなんです。

それだけは許せないので私も離婚を認めるつもりはありません」

と言っていました。

 

奥さんも旦那さんに対する愛情は残っていませんが、だからと言って離婚するわけにはいかないそうです。

自分が不幸になって、憎い相手が幸せになるなんて許せませんし、そもそもこんなことになったのは浮気女が原因ですから、相手の言い分を認めるわけにはいきません。

 

アパートに住んでいたのは

 

奥さんは旦那さんから今住んでいるアパートの住所を聞いていないそうです。

浮気の現場を押さえられないために秘密にしているのでしょう。

 

退社後の旦那さんを尾行すると、たしかに会社の近くのアパートに帰っていきました。

そのまま見張っていると、数時間後に女性が入っていきます。

この女性が浮気相手で間違いないでしょう。

朝まで張り込みして、翌朝にアパートから女性が出てくる姿も撮影しました。

 

依頼をいただいた一週間、浮気相手はほぼ毎日このアパートに帰宅していました。

浮気相手は別のアパートを借りていましたが、これだけ頻繁に行き来していれば同棲と言っていいでしょう。

不貞の証拠としても十分なので、奥さんの希望を通すことができそうです。

 

旦那さんは「あとは妻が同意すれば離婚できる」と思って油断していたのかもしれません。

しかし、そう簡単に離婚はできませんし、旦那さんの浮気がバレているのに、奥さんが簡単に同意するはずがありません。

 

ちなみに、別居を理由に離婚するのなら最低でも5年は別居生活をしている必要があります。

芸能人でも泥沼の離婚劇を繰り広げる人がいますが、何年経っても離婚できないという状態は普通の人にも起こりうることです。

 

抵抗する浮気女

 

浮気相手の自宅に証拠と慰謝料の書類を送りましたが、探偵事務所に電話がかかってきて

「あの人のことが心配で様子を見に行っていただけだ!

不倫なんてしないし、変な言いがかりをつけるなら訴えるぞ!」

と怒られました。

 

この期に及んで何を言っているんだ・・(-_-;)という感じです。

自分の状況が理解できていないのでしょう。

その後、何度かやり取りをして不倫を認めてもうらことができました。

 

入手した証拠は1枚や2枚ではないので、裁判になってもこちらの勝訴は確実ですが、お互いに余計な手間はかけたくないですからね。

 

弁護士の立ち会いの元、二度と会わない旨の誓約書にもサインしてもらいました。

ちなみに、夫婦の間だけで作成した誓約書に価値はないので、法的な効力がある誓約書を作ろうと思ったら専門家に立ち会ってもらう必要があります。

 

そして、旦那さんはアパートを解約して家に戻ったそうです。

奥さんは見事、泥棒ネコの撃退に成功したわけですが、これから夫婦仲をやり直すのも大変でしょう。

ここまでの修羅場になると離婚を選択する奥さんが多いですが、家計や子供のこともあり、それができない夫婦もいます。

 

今回の奥さんは気の強い人だったので撃退できましたが、気の弱い人だったら旦那さんを盗られていたかもしれません。

一人で浮気している人達に立ち向かうのは大変ですから、探偵を頼ってもらえれば力になれると思います。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない

 

<おすすめのサイト>

街角探偵相談所は、探偵選びをサポートしてくれるコンシェルジュのようなサイトです。

見積り付きで探偵をピックアップしてくれるので比較しやすく、料金も割引になります。

探偵選びで迷っている方はぜひご利用ください。

>>街角探偵相談所