やはり、浮気しているのが奥さんとなると離婚に至る可能性が高いです。

浮気された夫が

「浮気するような女とは生活できない!今すぐ出て行け!」

と言ったら、浮気した奥さんはそれに従うしかありません。

 

夫にこれと言った落ち度がないのに浮気する奥さんもいれば、

「そりゃあ奥さんだって浮気したくなりますよ」

と言いたくなるようなケースもあります。

 

今回ご紹介するのは後者で、奥さんの浮気を理由に離婚を計画している旦那さんのお話です。

 

何としても離婚したい旦那さん

 

相談に来られたのは40代の男性で、10年以上前から奥さんと離婚したいと思っていたそうです。

二人の間に子供はいないし、離婚をためらう理由はないとのこと。

 

旦那さんは

「あいつと結婚したのが人生最大の間違いでした」

と言っていました。

 

旦那さんがそう思っているくらいですから、夫婦仲はずっと昔から冷めています。

旦那さんとしては離婚したいけど、それなりの理由がなければ離婚できないと悶々としていたそうです。

そうやって生活していたある日、旦那さんは奥さんの浮気の証拠を見つけたわけです。

 

「奥さんが男とホテルに入っていくのを見た」

という知人の目撃証言があり、奥さんの携帯をこっそり見ると浮気をほのめかすメールが出てきました。

 

ここで、奥さんに

「このメールはどういうことだ!?お前浮気してるのか?」

と問い詰める旦那さんもいるでしょが、今回のケースは違います。

 

浮気のメールを見つけた旦那さんは心の中でガッツポーズしたのでしょう。

(これで有利に離婚できるぞー!!)

とテンションが上がって、その日から旦那さんの浮気調査が始まりました。

 

ジワジワと追い詰める旦那さん

 

奥さんは旦那さんが会社にいる日中に密会しているそうです。

旦那さんは毎日のように奥さんの携帯をチェックしていました。

 

「奥さんの携帯にはロックはかかっていなかったんですか?」

と聞いたら

「それくらい余裕で突破しましたよー」

と誇らしげに笑っていました(-_-;)

 

携帯をチェックされているとは知らない奥さんは浮気相手と密会する予定を立ててしまい、そのメールも旦那さんにチェックされました。

 

「探偵さん!妻は明日の午後2時くらいから浮気相手に会うはずです。

言い訳できないような証拠を撮ってきてください」

と頼まれました。

 

旦那さんの周到な浮気調査の結果、探偵に依頼するのはピンポイントの数時間で済んだわけです。

それは別にいいのですが、

「証拠が出たらどうしますか?」

と聞いたら

「そりゃあ勿論、離婚ですよ。

そのために努力してきたんです。

妻には一銭も渡しません。慰謝料だって払ってもらいます」

と言われました。

 

離婚の手伝いをするみたいで、あまり気乗りしない調査ですが受けた依頼はしっかりやってきました。

 

奥さんを尾行した先は

 

旦那さんの前情報の通り、お昼すぎに奥さんは自宅から出てきました。

この時点で浮気相手に会いに行くんだろうと確信できます。

ちょっと近所に買い物に行くような服装ではありませんでしたから。

 

奥さんは近くのコインパーキングで男性の車に乗り込み、食事をした後、そのまま男性のアパートに入って行きました。

それなりの証拠は撮れましたが、これだけで不貞行為を立証するのは無理でしょう。

 

旦那さんに連絡すると、

「とりあえず、その写真を見せてください」

と言われました。

 

旦那さんの計画は成就するのか

 

旦那さんには、これだけの証拠で浮気を追求しても、言い訳されたら意味がないとお話しました。

旦那さんの知人はホテルに入るところを目撃したそうですから、もっと調査すれば確実な証拠も取れるでしょうが、これ以上費用がかかるのは嫌みたいです。

 

「探偵さん、どうにかこの写真で浮気を認めさせることはできませんか?」

と聞かれ、

「それは相手の出方次第ですが、言い逃れされる可能性の方が高いと思いますよ」

とお話して、旦那さんは帰っていきました。

 

その後どうなった?

 

それから数週間して、旦那さんから電話がありました。

旦那さんは奥さんが浮気相手のアパートにいる時に怒鳴り込んだそうです。

 

その場で探偵が撮った写真も突き付け、相手の男に

「お前のせいで俺は離婚することにした!

どう責任とってくれるんだ!?」

と怒鳴ったそうです。

(浮気される前から離婚するつもりだったくせに・・(-_-;))

 

相手の男は土下座したそうですが、旦那さんは許さず

「払うものは払ってもらう、それとお前は妻と再婚するつもりなのか?」

と問い詰めたそうです。

 

ここで浮気男が

「はい!再婚するくらい愛しています!」

と言えばドラマチックですが、現実は

「いやぁ・・それはちょっと・・」

みたいな返事だったそうです。

 

旦那さんは電話している間、終始ご機嫌でした。

今は奥さんと離婚の条件を詰めていて、奥さんと浮気相手は別れているそうです。

 

「妻は俺の条件を呑むしかないんですよ。

もしダダをこねるようなら、妻の親類に浮気のことをバラすと脅しています」

だそうです(-_-;)

 

聞けば聞くほど気が重くなる話でした。

こりゃあ奥さんが浮気したくなる気持ちもわかります。

もしかしたら、奥さんが浮気するように仕向けること事態が旦那さんの計画だったのかもしれません・・。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない