探偵事務所を訪れる依頼主の立場からすれば、できるだけ安い金額で決着をつけるのに越したことはありません。

不貞行為の有無を争って裁判をするなんて不毛なことなので、離婚するにせよしないにせよ、本人に認めてもらうのが第一の目的です。

 

理想は自力で証拠を集めて認めさせることですが、それは滅多にうまくいきません。

大半の浮気者は全力で逃げ切ろうとしますし、仮に認めても慰謝料を取ったりすることは難しいです。

 

では、探偵に頼んだとして、浮気調査に60万円かかり、浮気相手から慰謝料を100万円もらったとしたらどうでしょう。

実際の実入りは40万円ですから満足はできないと思います。

 

状況によっては、浮気調査の費用>慰謝料になることも考えられます。

相手が不倫を認めなければ泥沼化しますし、そもそも浮気調査をしたのに証拠を得られなかったというケースもあります。

 

浮気調査をする前には、どれくらいのお金をかけて、どんな証拠を得るのか計画しておく必要があります。

 

「どんな証拠が必要なのか」というのは人それぞれで、探偵の言われるがままに調査していたのでは、不必要に費用がかさんでしまうこともありますよ。

浮気相手のアパートに入る写真だけで十分という人もいれば、それだけでは不十分という場合もあります。

 

本来は、その依頼主にはどんな証拠が必要で、そのためにはどのような調査が必要なのかを提示するのが相談員の役目なんですが、中には利益最優先の探偵社もありますから注意が必要です。

 

浮気を認めさせることが目標

 

夫が浮気相手とラブホテルに入る写真を撮影したとして、それだけで不倫が解決するとは限りません。

浮気した人の常套句ですが、

「ホテルには行ったがセックスはしていない」

と言い訳されるかもしれません。

 

これがもし、密会していた場所がラブホテルではなくシティホテルやアパートだったら、相手は高確率で言い逃れしてきます。

 

裁判になれば、不貞行為が認められたとしても多大なお金と労力がかかるので、できる限り浮気したことを認めさせる方向で努力する必要があります。

 

また、謝罪の言葉がほしいという人も多いですから、裁判は最後の手段です。

 

浮気したことを認めさせるために必要不可欠なことは、浮気された人が強気であることです。

浮気されるということは、少なからず相手にナメられているということでもあります。

 

(俺が浮気したってアイツは大それたことはできないだろう)

と高をくくっているのですから、まずはこちらも本気で怒っていて、とことんやるつもりだという姿勢を示さないといけません。

 

浮気された奥さんが強気な人であれば、キスしていた写真1枚でもガンガン追い詰めていきます。

浮気夫の両親や職場、友人などにも圧力をかけて全力で浮気夫を追い詰めていくのです。

それくらいの覚悟と行動力を示せば裁判で勝てる証拠でなくても、不倫を終わらせることができます。

 

状況証拠は無意味じゃない

 

裁判で不貞行為が認められるには密会している場面の写真が必須ですが、それ以外の証拠も無意味ではありません。

浮気相手とのメールやクレジットカードの履歴、カーナビの検索履歴などを集めておくことで、浮気を有利に立証することができます。

 

状況証拠があるのとないのとでは少し話がちがってきます。

状況証拠として最も強力なのは「今度泊まりに行くねー」など肉体関係を匂わせる内容のメールやラインです。

そういう物があるのなら、できれば撮影しておきたいところです。

 

中には状況証拠が全くないという依頼主もいらっしゃいます。

夫の携帯電話から浮気している証拠を見つけたけど、その時は慌てていたからメールの内容を撮影することができなかった、などのケースです。

そのような状況で探偵に頼むのもアリですが、それだと探偵はより多くの証拠を取る必要があり、それだけの費用がかかります。

 

結局のところ、浮気を立証するためにどれくらいの証拠が必要なのか、というのはケースバイケースです。

どんな証拠が必要なのかは判例を見ればある程度予測できますが、裁判官次第というところもあります。

 

下手に探りをいれて相手の警戒心を強めるのは痛いですが、状況証拠は可能な限り集めた方がいいです。

 

浮気している人の性格も重要

 

浮気されている奥さんに

「もしラブホテルに入る写真を撮影できたら、旦那さんは不貞を認めると思いますか?」

と尋ねると返事の内容は様々です。

 

「それだけの証拠があれば認めると思います」

という人もいれば

「あの人は最後の最後まで嘘をつくと思います」

という人もいます。

旦那さんが気性の荒い人であれば、逆ギレすることもあるでしょう。

 

旦那さんがどう出るかを予測して、それに備えておくことも大切です。

嘘や言い訳が多い人は自分が可愛い人ですが、そういう人ほど

「裁判になって損をするのはあなたですよ」

の一言がききます。

 

浮気を認めさせるには浮気の状況やその人の性格によるので一概には言えません。

しかし、一番大切なことは浮気相手と別れさせる、慰謝料を取る、離婚する、などの目的を果たすことです。

 

そして、目的を果たすには戦わないといけません。

自分一人で戦うのは厳しいですから、探偵や弁護士が味方になればかなり心強いと思います。

 

良心的な探偵事務所であれば、依頼主の状況を把握した上で、どんな行動を起こすのがベストなのか提示してくれるでしょう。

そういった探偵を見つけることが解決の第一歩です。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない