ギャンブルや買い物依存症、アルコール依存症などは病気として認知されているのに、浮気は性格の問題として片付けられがちです。

 

心の病気って、どこからが病気なのか線引が難しいのですが、生活に支障をきたすと病気として認められることが多いです。

 

浮気は自制心の弱い人がするものと思われがちですが、それならギャンブルやアルコールも自制すべきものです。

浮気も恋愛依存症のようなもので、病気として認知されてもいいのではないでしょうか。

 

自制心がきかなくなった人がどの方向に暴走するかはケースバイケースです。

アルコールにどっぷり浸かる人もいれば、ギャンブルにハマる人もいる、それが異性にハマると浮気になるということです。

 

つまり、ギャンブルや買い物にハマりやすい人は浮気もしやすいということです。

禁煙外来のような感じで、浮気外来があるとけっこう患者さんが入るのではないのでしょうか。

 

浮気には、出来心や魔が差してやってしまうタイプと、病的にハマってしまうタイプがあります。

家族を無視して浮気に走るのは病的と言っていいでしょう。

 

浮気にドップリ浸かる人、何度も繰り返す人は心が病んでいることが多いです。

 

そういう人になぜ浮気したのかをお聞きすると、マシンガンのように言い訳がでてくるのですが、結局言いたいことは

「自分は悪くない、抑えられないものは仕方がない」

ということです。

 

自分に甘すぎる人はどこかで生活に支障がでてきます。

今回は、買い物依存症と浮気を併発した奥さんのお話をご紹介します。

 

言い訳ばかりの奥さん

 

相談に来られた男性は会社員で、奥さんの節操のない行動にずっと悩まされてきたそうです。

 

奥さんは過去にクレジットカードやキャッシングで大量の買い物をして、今は自己破産の手続きをしています。

 

旦那さんが郵便受けに消費者金融からの督促状があるのを見つけて発覚、奥さんを問い詰めてクローゼットを散策すると大量のブランド品や宝石類が・・!

 

旦那さんは当然激怒してさらに問い詰めるわけです

「どうしてこんな無茶苦茶な買い物をしたんだ!?」

と。

 

奥さんの言い分は

・ストレスが溜まって欲を抑えられなかった

・友達との付き合いもあるし、自分もそれなりの物をもっていないとバカにされる

・これからは、自分の給料から少しづつ返済していくつもり

ということでした。

 

子供かっ!(゚д゚)!と突っ込みたくなる言い訳ですが、そういう人もけっこういます。

 

借金はまともに返済できる金額を超えていますし、自分の給料から返すにしても結局は家庭のお金です。

弁護士とも話し合って、返済は無理だと判断し自己破産を申請したのでした。

 

だらしないのは金銭感覚だけ?

 

ここまで旦那さんのお話を聞いて

「それは大変でしたね。

それで、どうして探偵に来られたんですか?」

とお尋ねすると、

「どうも妻は浮気もしているみたいなんです」

と言うのです。

 

妻にはもう任せられん!となった旦那さんは家計の管理を始め、破産手続きのためにカードの履歴も全て洗い出しました。

 

そこにはショッピングの請求だけでなく、高級ホテルやレストランの請求も含まれています。

 

旦那さんは

「誰とこんな場所に行ったんだ!」

と問い詰め

「女友達と行ったの」

と奥さんは返します。

 

でも、旦那さんは奥さんのことを信用していませんし、(女友達とホテルに行くか?)と疑います。

 

旦那さんが

「その友達っていうのは誰だ?」

と聞いても

「あなたの知らない人よ」

と言うので疑惑はさらに深まるのでした。

 

二人の間に子供はいないので、旦那さんは離婚を決めているそうです。

浮気の有無を確かめた上で離婚するということでしょう。

 

尾行するのも大変

 

休日の奥さんを尾行すると、街中をあっちにブラブラ、こっちにブラブラという感じです。

追いかける方も楽じゃありません。

時には警備員に怪しい目で見られながらも、調査員を変え服装を変え、悟られないように尾行を続けます。

 

どうせ買えないんだから程々にしてくれよ・・と思いながら尾行を続けると、喫茶店で男性と合流しました。

男性はけっこうお金を持ってそうな雰囲気です。

 

二人は再びウインドウショッピングを始め、とあるブランド店で何かを買っています。

いや、正確には浮気相手が買ってあげたのでしょう。

その後、二人はホテルに入って3時間程過ごしていました。

 

旦那さんは浮気相手の元へ

 

旦那さんに報告書を渡すと、奥さんにはこのことを秘密にしたまま浮気相手の所に行くそうです。

直接話をつけて、慰謝料を請求するのでしょう。

 

調査が終わった数ヶ月後に旦那さんが連絡をくれましたが、

「探偵さんが取ってくれた証拠が切り札になりましたよ。

慰謝料もガッツリ取れたし、うまいこと離婚できそうです」

と仰っていました。

 

旦那さんは相場の倍以上の慰謝料を浮気相手から取ったそうです。

(よくそんなに取れたな・・旦那さんもよほどブチ切れたんだろうな・・やっぱり相手は小金持ちだったんだろうな)などと思いました。

 

結局、浮気相手は奥さんの学生時代の友達だったみたいです。

奥さんは買い物依存症&浮気症だったわけですが、これは性格の問題でしょうか、心の病気でしょうか。

いずれにしても、本人が現実と向き合わない限りは改善されないでしょう。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない