夫(妻)が浮気している!という確信がある人にとって浮気調査の目的は証拠を手に入れることです。

 

では、確信とまではいかないけど、かなり怪しい・・という人はなぜ浮気調査をするのでしょう。

人それぞれでしょうが、私は「安心を買うこと」が目的だと思います。

 

配偶者や恋人が普段どんな行動をしているのかって知っているようで知らないものです。

朝家を出てから帰宅するまでどんな行動をしているのか、休日はどこに行っているのか、どんな友達がいるのか、どこでご飯を食べているのか、など夫婦でも知らないことはたくさんあります。

 

「浮気の証拠はありませんでした」という結果に対して、喜ぶ方もいれば悲しむ方もいます。

 

白の報告書を見て

「よかったー私の思い過ごしだったんだー」

となる方もいます。

費用は50万とか100万近くかかるのですが、それで安心を買えるのなら価値のある出費だと思います。

報告書の中には浮気とは関係のないことでも、ターゲットの意外な一面が記されていることもあります。

 

でも、信頼できない探偵に依頼した場合に白の報告書を出されると

「こいつが失敗しただけなんじゃ・・」

という疑念が残ってしまうので、依頼先は慎重に選んでください。

 

今回は、浮気調査の中でもかなり変わったケースをご紹介したいと思います。

真実を知りたいという欲求は抑えがたいものだとよくわかるケースでした。

 

喫茶店に呼びだされた探偵

 

なぜか依頼主さんは探偵事務所に来るのが嫌なようで、指定された喫茶店でお話することになりました。

 

指定されたお店に入っても依頼主らしき人は見当たらないので、

(うわぁーいたずらかよ・・(-_-;))

と思っていたら、初老くらいのおばあさんから

「失礼ですが探偵の方ですか?」

と声をかけられました。

 

これまでのやり取りはメールでしたし、本人は40代と言っていたので、

「あっ!○○様のお母様ですか?」

とお答えすると

「いえ、私が○○です」

と仰いました(-_-;)

 

本当の年齢を明かすのが恥ずかしいし、探偵が怪しいので名前も年齢も嘘をついていたそうです。

 

それから色々とお話して

「旦那さんの浮気についてのご相談ですよね?」

とお尋ねすると

「申し訳ありません。それも嘘なんです」

と仰いました。

 

依頼主さんは何度も謝っていましたが・・別にいいんですよ、素性を隠して探偵に相談する人なんてごまんといますから(-_-;)

 

ここから嘘はなしでお話しましょう!と告げて、相談の内容を聞くと、調査したいのは浮気相手の素性だそうです。

しかもその相手は旦那さんの弟!

 

そりゃあ嘘もつきたくなりますね。

下手に話せば、悪質な探偵に脅されたりする可能性もありますから。

 

義弟との不倫関係は20年近く続いており、離婚を考えていた時期に義弟に優しくされたのが始まりだそうです。

義弟さんは今も昔も独身で、ずっと秘密の関係を維持してきました。

 

20年も不倫関係が続いたことには驚きましたが、相手が親族となれば旦那さんからしても盲点だったのかもしれません。

 

奥さんの本心は離婚して義弟と一緒になることですが、そんなことができるはずもなく、今の関係を20年続けてきたそうです。

何とも凄まじい人生で、つい話に聞き入ってしまいました。

 

奥さんが知りたいこととは

 

奥さんと義弟は結ばれることはないものの、気持ちの上では本気で愛し合っているそうです。

しかしここにきて、義弟が怪しい行動を取るようになり、奥さんは(他に好きな女性ができたんじゃ)と疑っています。

 

まあ、義弟さんは独身ですから他に女性いても不思議ではありません。

奥さんもそれならそれで関係を完全に断つ覚悟で、ずっと昔から

「他に好きな人ができたら私のことは忘れて」

と言ってきたそうです。

 

でも、義弟さんは「愛しているのは君だけだ!」と言うのです。

奥さんと義弟は月に1、2度会う関係で、隣の隣の県に住んでいます。

 

20年来の関係とはいえ、奥さんは義弟のプライベートを全く見たことがないわけです。

これまでは義弟の言葉を全て信じてきた奥さんも、一度疑い始めると全てが嘘だったのではと疑心暗鬼になってしまうのでしょう。

 

奥さんは

「彼がどんな場所でどんな生活をしているのか、本当に女性はいないのか知りたいんです」

と仰って、2週間の素行調査をするように依頼されました。

 

かれこれ喫茶店に入ってから3時間以上は経っていました。

奥さんも相当心労が溜まっているようで、嘘とは思えませんから依頼を受けることにしました。

 

素行調査の結果は

 

2週間、朝から夜まで義弟を追い続けました。

2名の調査員が2週間出張しているのですから、費用もかなりの金額です。

これだけあれば新車が一括で変えます。

奥さんもそれだけこの調査に賭けているということでしょう。

 

義弟はアパートに一人暮らしで、女性とホテルに行くこともなければ、女性がアパートに来ることもありませんでした。

ほぼ家と会社を往復するだけの生活で、外食すらありませんでした。

 

奥さんは、義弟との関係を保つために結婚生活を続けてきたわけで、もし義弟に他に女がいたとなればショックでたまらないでしょう。

こちらも事情を知っているだけに、(浮気するなよーするなよー)と念じながらの調査になりました(-_-)

 

調査期間が終わって、全ての行動を記録した報告書を作成しました。

かなり分厚い報告書になりましたが、それを渡された奥さんは泣きながら喜ばれていました。

 

本当にドラマのような話でした。

浮気の物語にはドラマチックな経緯も多く、だからこそ悪いことだとわかっていながらやめられないのかもしれません。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない