浮気調査の依頼は浮気されている本人からだけでなく、本人の周りの人から受けることもあります。

 

探偵に依頼すれば遅かれ早かれ修羅場になりますし、躊躇ってしまう気持ちもよく理解できます。

世間体を気にしたり、自分の家庭が崩壊しかけているのを認めたくないというのもあるかもしれません。

 

危機的な状況に陥った時、人間はパニックになって正しい判断ができなくなるものです。

そういう時は、第三者の方が冷静な判断をできるので、誰かに相談するというのはとても有効です。

 

なので、両親や兄弟姉妹からの依頼、時には浮気されている人の友達から依頼されることもあります。

今回は、浮気されている奥さんの両親が相談に来たケースをご紹介します。

 

娘婿の浮気を突き止めてほしい

 

相談に来られたのが60代くらいのご夫婦だったので、すぐに娘さんのことで相談に来たのだとわかりました。

 

結婚して5年目になる娘夫婦の仲は、夫の浮気が原因で大変なことになっているそうです。

実は以前にも夫の浮気がバレたことがあり、それぞれの両親を呼んで修羅場になったことがあります。

 

その時、旦那さんは泣きながら土下座して謝り、一応は決着したそうです。

余談ですが、すぐに泣いたり謝ったりする人は信頼できないというのが私の考えです。

特に「すぐに泣く男」は要注意です。

 

旦那さんは過去の失態から何も学んでいないのか、数年で浮気を繰り返してしまいました。

相談に来た妻の両親は離婚を勧めているものの、奥さんはまだ決心がつかないそうです。

 

怒り心頭の妻のお父さんは、夫の父親にも電話したそうですが

「それはそっちの問題だから、俺を巻き込むな」

と言っているそうです。

 

まあ、お父さんにとっては何歳になっても大事な娘ですから、首を突っ込みたくもなるでしょう。

 

お父さんは

「私も協力しますから、何とか浮気の証拠を撮ってもらえませんか?」

と仰りましたが、とりあえずは、当の本人である娘さん(奥さん)の同意がなければ調査はできないとお話しました。

 

依頼を悩む奥さん

 

お父さんは

「もうあのクズ男と一緒にいても不幸になるだけだから、離婚して帰って来い」

と考えているようです。

 

私が奥さんとメールのやり取りをすると、離婚した後の生活について悩んでいる様子でした。

実家に帰れば生活はできるものの、子供はどう感じるのか、自分は孤独な老後を送ることになるんじゃと悩み、離婚することが正解なのか決めかねています。

 

旦那さんに今度こそ反省させて、夫婦仲をやり直すという選択肢はないそうです。

旦那さんは、過去に両家を巻き込んでの修羅場になったのに反省しなかった人ですから、もう変わることは一生ないだろうと諦めています。

 

その後、2週間ほど奥さんやお父さんとやり取りを続け、依頼を引き受けることになりました。

 

依頼を決めたきっかけは

 

子供を連れて実家に帰ることが増えた奥さん、旦那さんはそれをいいことに浮気相手を家に連れ込んでいたようです。

 

グウタラな夫が最近はよく掃除しているなと思ったら、浮気女の匂いを消すためでした。

旦那さんはリビングに観葉植物まで置くようになり、奥さんは自宅が自分の家だと感じられなくなったそうです。

 

家を追い出される形で実家で暮らすことになった奥さんはついに怒りがピークに達し、離婚を決意しました。

 

お子さんはパパが大好きなので、最後まで悩んだそうです。

旦那さんは気分屋で、機嫌の良い時にだけ子供と遊ぶ人です。

子供からしたら優しいパパしか見えていないので大好きなのでしょう。

 

でも、ある程度成長して、お父さんの裏の顔を知るようになったら嫌いになるはず、というのが奥さんの考えです。

仲の悪い両親に育てられることは子供の心にも大きな傷になりますから、離婚して正解でしょう。

 

家を乗っ取った浮気相手?

 

2週間調査して証拠をガッツリ掴み、奥さんは離婚や慰謝料の手続きに入りました。

 

現在、浮気相手は旦那さんと一緒に自宅で暮らしているそうです。

旦那さんがすんなりと離婚を認めたのは、最初からこうなるのを予想していたのかもしれません。

浮気相手はシンママだったので子供も一緒でしょう(子供は3歳くらい)。

 

この結果に怒っているのは奥さんよりもお父さんです。

自分は娘夫婦のために、あれやこれや世話を焼いてきたのに、その仕打ちがこれか?という感じです。

 

お父さんは

「あんな頭のおかしい人間がいるものなんですね?

まさかここまでとは思っていませんでしたよ」

と言っていました。

 

探偵の仕事をしていると、目を疑うような光景もけっこう見ますから、今回くらいの出来事では驚かなくなりました。

 

旦那さんの立場からすれば、自宅に住んで住宅ローンを返し続ける生活はこれまでと同じです。

変わったのは奥さんと子供が別の人物になったこと、それから慰謝料と養育費の支払いができたことです。

 

旦那さんはこの不倫関係にそれだけの価値を感じているのでしょうが、この家庭も崩壊するのは時間の問題でしょう。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない