不倫相手の家

 

夫が浮気しているかもしれない・・と思ったら、まずは自分で調査するのが普通でしょう。

夫が浮気してるかも・・→探偵に相談しよう!と考える人は少数です。

調査にはそれなりのお金がかかりますし、やはり探偵は敷居が高く感じるでしょう。

 

浮気する人は最初、浮気に気付かれないよう努力します。

しかし、どこかでボロがでて浮気を疑われる状態になると、次は奥さんを避けるようになります。

関わる時間が長いほどボロがでやすくなりますし、夫婦仲は当然ギクシャクしていますからどんどん距離が離れていきます。

 

この段階で探偵に頼む人が一番多いです。

100%確実な証拠はなくても、奥さんの中には100%に近い確信があるので調査に踏み切ることができます。

この段階になっても有効な手だてを打たず放置していると、最終的には離婚や妊娠といった最悪のケースまでいってしまいます。

自力で何とかしたい、自然と元の家族に戻れるかも・・と淡い期待を抱いても現実は変わりません。

 

今回は、自力で決着をつけるために浮気相手の家に乗り込んだ奥さんのお話をご紹介します。

 

家庭内は冷戦状態

 

奥さんは3年以上前から続く旦那さんの浮気で、ひどく疲れていたそうです。

奥さんが浮気に気付いたばかりの頃はケンカが絶えなかったものの、ケンカの内容はいつも「浮気してるしてない」の水掛け論です。

 

二人の関係はどんどん悪くなり、旦那さんは家にいる時間が減り、奥さんも極力旦那さんと関わらないようになりました。

家庭内別居のような状態で、お互いに仲の悪い同居人という感じです。

お子さんは高校生と中学生で、親の仲の悪さを知り、自分の部屋にこもることが多くなりました。

 

自ら証拠を掴もうとする奥さん

 

冷戦状態の中でも奥さんは、どうやって夫の浮気を暴こうかと考えを巡らせていました。

そして、何年も悩んだ挙句、妹に頼んで一緒に夫を尾行してもらうことにしたのです。

 

装備は妹さんの車にデジカメのみ・・、それで浮気現場を押さえようというのが奥さんの狙いでした。

旦那さんは帰宅して夕食を食べた後に再度出かけることがあるので、それを尾行するのが奥さんの作戦です。

 

細かい経緯は聞いていませんが、妹さんはずっと自宅付近で待機していたのでしょうか。

だとすると、かなりの暇人か物好き・・いや、姉思いの妹さんです(-_-;)

 

姉妹による素行調査は努力の甲斐もあって、ある程度の結果を出すことができました。

尾行すると、旦那さんの車はとあるマンションの駐車場に入っていきました。

オートロック式なのでそれ以上追うことはできず、旦那さんが出てくるの待つことにした姉妹。

これまでの行動パターンからしても、2~3時間で出てくるはずです。

姉妹は車をパーキングに置いて、旦那さんの車の前で待ち伏せしていました。

 

現場を押さえても意味はない

 

数時間経って車に戻ってきた上機嫌の旦那さん・・それを待ち受ける怒りの姉妹・・

奥さんと妹の姿を見た旦那さんはさぞ驚いたことでしょう。

 

「ここで浮気してたのね!女をここに呼びなさい!」

と怒る奥さん、旦那さんは当然

「友達と話してただけだ!やましいことなんてない!」

と言い張ります。

 

でも、奥さんの怒りも相当なもので絶対に引き下がりません。

このままでは不審者扱いされて通報されかねないと思ったのか、旦那さんは渋々、奥さんたちを女の部屋に入れることにしました。

 

女は部屋の扉をあけたものの、不審者を中に入れたくないと玄関で話をしたそうです。

女はさも迷惑そうに、「旦那さんを部屋に入れはしたものの、やましいことはしてないし、ただ相談にのってもらっただけ」と言います。

 

奥さんも怒り心頭でした、女に「これ以上居座るなら警察を呼ぶ」と言われて帰ることにしたそうです。

 

その後、この姉妹は探偵に相談に来たわけです。

二人がグッジョブだったのは、女の顔を撮影していたことです。

お陰様で、探偵の面割り(調査対象の顔を実際に見て確認する行為)はスムーズに進みました。

通常は旦那さんの面割りしかできませんが、浮気相手の面割りもすることができました。

 

探偵が尾行していた時はさすがに、マンションの部屋は使っていませんでした。

(また奥さんが乗り込んで来たらどうしよう)と不安だったのでしょう。

 

浮気夫も女も、現場を押さえられた時点で不倫関係を解消していればよかったのに、理性でストップできないのが浮気です。

たまに、こういうおバカさん達のおかげで探偵は飯が食えているんだ、と思うことがあります(-_-)

 

自力で調査するのは無意味なのか

 

奥さんも妹さんも

「最初から探偵に頼んでおけばよかったわ~」

と言っていました。

 

自力で調査するのは無意味ではないものの、完璧な証拠を押さえることはできません。

素人が完璧な証拠を押さえるのなら、それこそセックスしている現場を撮影するしかありませんが、それは不可能でしょう。

 

探偵が撮るような証拠写真を素人が撮れるかというと、それも無理な話です。

尾行や張り込みの技術がないというのもありますが、そもそも撮影できる機材がありません。

市販のカメラで顔がくっきり写った写真を撮影するにはかなり接近しないといけませんし、暗い場所だとフラッシュでバレてしまいます。

仮にチャンスが訪れても、浮気している夫(妻)をフレームに納めて、冷静にシャッターを切れる人間がいるのでしょうか。

 

自力の調査は、浮気しているという確信をもつまでは有効ですが、確信をもった以降は探偵に任せるのがおすすめです。

何とか自力で解決したいというお気持ちはわかりますが、証拠を掴んで制裁を与えるというのは専門的な技術や経験が必要なことです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない