自分で浮気調査

 

浮気調査は配偶者が不貞行為をしたという証拠を得るのが目的です。

代表的な証拠としては、配偶者が浮気相手とラブホテルに入っていく場面を撮影したものが有名です。

しかし、ラブホテル以外で不貞行為をしている人もいるので、二人がイチャイチャしている場面や親しげに食事している場面を積み上げて不貞を立証することも可能です。

 

不貞行為を立証するためのハードルは高く、自力で十分な証拠を揃えられる人はほぼいないので、探偵に浮気調査を依頼するのが一般的です。

探偵が提出するような証拠を自分で揃えようと思ったら、追跡用の車両から変装グッズ、暗視・望遠の撮影機材、尾行に協力してくれる人など大変な手間とお金がかかります。

また、ターゲットに顔がバレている以上、バレずに追跡するのは難しいですし、決定的な場面を撮るには撮影の技術も必要です。

 

探偵に浮気調査を頼んだときの費用はピンキリですが、平均すると100万円ほどかかっています。

それで100%不貞の証拠を得られるのならいいのですが、証拠を得られない可能性もある分、中々浮気調査を実行できないという人も多いです。

 

無駄なお金をかけないためにも、自力で浮気調査をする方もいます。

実際、ターゲットの一番近くにいるのは依頼主なので、それなりの証拠を集めることも可能なのですが、言い逃れできない証拠となるとやはり自力では難しいです。

 

自力で不貞を立証できない以上、夫(妻)が浮気しているという確信があれば浮気調査に踏み切ることができると思います。

そこで今回は、パートナーが浮気しているかどうかの確信を得るために、自分でできる浮気調査の方法についてご紹介します。

 

自力で調査するのはさほど難しくなく、よく観察したり財布や引き出しの中をチェックする程度でも効果があります。

最終的な決め手になる証拠は探偵でないと撮影できませんが、自分の中で確信を得る程度であれば自力で十分可能です。

 

ただ、自分で浮気調査をするのにはリスクもあります。

自分で浮気調査

 

これらのリスクを考えて、自分では何もせずにいきなり浮気調査を依頼する方もいます。

依頼主にとって浮気しているという確信があるのならば、それもありです。

下手に警戒心を煽るよりも、探偵に丸投げした方がスムーズにいくこともあります。

 

また、探偵に頼めば100%安心ではないということも理解しておく必要があります。

調査した期間に浮気相手と密会しない可能性もありますし、下手な探偵に頼めば尾行や撮影を失敗するかもしれません。

 

自力の証拠集めと並行して、探偵社探しもした方がいいです。

自分で集めた情報と信頼できる探偵があれば、証拠を得られる可能性は非常に高いです。

 

これらの行動があると浮気の可能性が高い

 

浮気の痕跡を完璧に消すのは不可能で、どこかに違和感がでています。

その違和感が大きいほど、クロの可能性が高いということですが、まずは以下の項目にいくつ当てはまるかチェックしてみてください。

 

・携帯を肌身離さず持ち歩く

・携帯にロックをかけている

・帰宅する時間が遅くなった

・どこに行くのか伝えずに外出する

・帰宅するとすぐ風呂に入る

・衣服から香水の匂いがする

・車を頻繁に掃除している

・冷たい態度をとるようになった

・オシャレするようになった

・趣味が変わった

 

思い当たる点が多いなら、パートナーは浮気しているかもしれません。

浮気の痕跡(メールや匂い)などを消そうとすれば違和感がでますし、好きな人ができると生活や気分に変化が生じます。

 

本気度の高い浮気だと、浮気している人は夫(妻)を嫌うようになります。

自分と浮気相手が幸せになるためには、夫(妻)の存在が邪魔なのです。

また、遊びの浮気であっても、ボロがでないようにとできるだけ会話しないようになっていきます。

 

自力でどんな証拠を集めるべき?

証拠

 

自力で調べるときは、相手に怪しまれないように、というのが前提です。

少しでも怪しまれるようであれば、しばらく調査しない方がいいでしょう。

自力で集めたい証拠とは以下のようなものです。

 

・浮気相手とのメールやLINEの会話

・浮気相手と写っている写真

・ラブホテルの会員カードやレシート

・デートスポットの領収書

・コンドームやそのレシート

・クレジットカードの使用履歴

・カーナビの検索履歴

・ネットの検索履歴(ホテルやデート場所を調べている)

 

これらを見つけたら保管するか撮影しておくのがおすすめです。

これらの証拠を材料にして問い詰めたところで、言い逃れされるでしょうが、自分の中で確信を得るには十分だと思います。

 

以前、夫婦で使っているコンドームが大量になくなっていたので、旦那さんを問い詰めた依頼主がいました。

旦那さんは「友人にあげたんだ!」と言って浮気を認めなかったそうです。

呆れるような嘘でも、それを嘘だと証明できない以上は逃げられてしまいます。

 

SNSで浮気相手と友達になっていることも

SNSの証拠

 

ターゲットがツイッターやフェイスブックをやっているのであれば、SNSで繋がっていることがあります。

フォローしていたり、いいね!していたりするのですが、案外SNSで浮気が発覚するケースは多いです。

 

中には、浮気相手とデートしていることをツイートする人もいれば、浮気相手と一緒に食べた料理をフェイスブックに上げている人もいます。

傍から見れば間抜けな行為ですが、本人たちは恋愛気分で浮かれているので、こんなところにも証拠が残っているものです。

 

携帯を使ってカマをかける

カマをかける

 

カマをかけて反応を見るのも有効です。

よほどの演技派でない限りは慌てた素振りをしてしまいます。

おすすめのカマのかけ方は、二人でいるときに

「携帯の電池が切れちゃったから、ちょっと電話させて」

と言うことです。

 

ここで貸してくれないようなら非常に怪しいです。

やましいことがないのであれば、電話くらい普通にさせてくれるはずです。

 

以前、この方法を試した奥さんは旦那さんは

「なんで今なんだ!帰ってからでいいだろ」

と言われたそうです。

「仕事の急用だから」

と言っても貸してくれなかったので、相当怪しいです。

ここまであからさまでないにしても、浮気している人はすんなりとは貸してくれないでしょう。

 

また、携帯のロックを解除して中を見ることができれば一発ですが、それは簡単ではありません。

おすすめはしませんが、奥さんの携帯ロックを突破するために、自宅のトイレに小型の監視カメラを設置した旦那さんがいました。

旦那さんの狙い通り、ロックを突破できたそうですが、夫婦とはいえ盗撮ですし、バレた時のリスクも大きいのでやらない方がいいでしょう。

 

レンタルGPSもおすすめ

GPS

 

自力で夫(妻)を尾行して浮気現場を目撃した人もいるのですが、バレるリスクが高い以上はおすすめできません。

 

それよりも低リスクで確証を得られるのが、GPSを使うことです。

わざわざ購入しなくても、レンタルしている業者もあります。

 

探偵が使うような小型で高性能のGPSも貸し出しているので、購入するよりもお得です。

2週間のレンタルで2万円ほどとそれなりの価格がするものの、100円ライターと同じくらいの大きさなので、発見される可能性は低いです。

 

これならば、カバンにこっそり仕込むことも可能でしょう。

カバンの底にGPSをつけて、その上からカバンと同じ色のテープを張って偽装します。

 

それなりの出費とリスクはあるものの、最も確実な確証になるでしょう。

ちなみに、GPSの履歴でラブホテルに行っていることがわかっても、それも不貞行為の証拠とは認められません。

不貞を立証するにはあくまで二人の姿を撮影した写真が必要になります。

 

自分でできる浮気調査まとめ

探偵なんて使わずに、自分の手だけで決着をつけたい気持ちはよくわかります。

以前、GPSを奥さんの車に設置して月に何度もラブホテルに行っている証拠を得た方がいました。

GPSの履歴を突き付けて奥さんを問い詰めたものの

「そんなデータあんたが偽造したんでしょ!」

と言われたそうです。

 

苦しい言い訳にも聞こえますが、この証拠を裁判所に持ち込むと奥さんの主張が通ります。

それほど不貞の立証とはハードルが高いことです。

自分の中で浮気しているという確証が得られたのなら、あとは探偵に任せていただきたいのが本音です。

探偵社が全国にたくさんあるのは、探偵でないと不貞を立証できないからということです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない