問い詰める

 

何らかのきっかけで旦那さんの浮気を疑うようになると、問い詰めたい衝動に駆られるのが人情です。

 

でも、問い詰めたところで意味がないというのは当のご本人もわかっていると思います。

浮気していないのら当然否定しますし、浮気しているとしても正直に「ごめん、浮気してしまった」と白状する人はいないでしょう。

どちらにせよ、気付いていないフリをするのが正しい選択です。

 

一度「浮気してるかも」という疑惑が芽生えてしまうと、奥さんも疑心暗鬼になるでしょう。

旦那さんもその雰囲気を察知して、口数が減ったり、帰宅が遅くなるケースがよく見られます。

 

この疑惑に決着をつけるには浮気の証拠を手に入れるしかありません。

別に、探偵が撮影するような決定的瞬間でなくてもいいんです。

浮気相手とのLINEやメールの履歴、ラブホのレシート、あとは自分で尾行してみるとか・・

疑惑が確信に変わる程度の証拠があればいいんです。

そうすれば、奥さんも次の行動に移ることができます。

 

やはり、浮気しているのかも?という疑惑が少しでもあるのなら、怪しまれない程度に探りを入れてみるべきです。

本人に問い詰めるというのは一番やってはいけない行動で、それで良い結果が出ることはありません。

 

今回は、旦那さんに浮気の疑惑がある場合どうすればいいのかなどを紹介していきたいと思います。

 

浮気防止策に応じない旦那さん

 

探偵事務所に来るのは、「すぐに調査してくれ!」という方ばかりではありません。

「こういう状況で浮気してるのかもしれないんですけど、どう思います?」

などの相談も多いです。

 

会社の売上を考えるのであれば、何でもかんでも契約に結びつけるべきでしょう。

しかし、明らかにシロなのに調査して料金を頂くと、後々厄介ないことになります。

クレームを入れられる程度ならまだしも、消費者センターに苦情を入れられたり、最悪の場合は警察に目をつけられることもあります。

 

ですから、こちらとしてもクロだという確信がなければ契約を受けるかは悩みどころです。

「今の状況では判断しかねますね」

という状況だったら、一度お帰りいただいて、確証が得られたらまた来てもらうという感じです。

 

調査するのなら早いのに越したことはありませんが、一日でも早く調査すべきというわけでもないですからね。

 

以前、相談に来られた奥さんで、「旦那さんが家族の写真をSNSのホーム画面にしてくれない」というケースがありました。

奥さんは浮気防止策として、家族の写真をフェイスブックやLINEのホーム画面に設定するよう旦那さんに頼んだそうです。

旦那さんもその場ではOKしたのに何週間経っても変えてくれない・・これは既に浮気相手がいるんじゃ?と疑っているわけです。

 

さすがに、それだけで旦那さんが浮気しているとは決めつけられません。

単に家族団欒の写真を載せるのがこっ恥ずかしいのかもしれませんし。

 

この程度の疑惑で奥さんが「調査してくれ!お金は払うから」と言っても、こちらとしても受けにくいわけです。

探偵社によっては、「それで奥さんが安心できるのなら調査しましょう」というところもあるでしょう。

それは会社の方針によりますが、何でも安請け合いしているとトラブルも増えるでしょう。

 

どうしても疑惑が消えないなら、旦那さんの携帯を見てみるとか、GPSで追跡してみるとか(自己責任で)やってみるのがいいでしょう。

探偵に頼むのはそれからでも遅くありません。

 

いつまで知らんふりすべき?

 

旦那さんの浮気が怪しいからといって問い詰めるべきではない、ではいつまで無視してればいいの?と思う方もいるでしょう。

 

もし本当に浮気しているのなら、いつまでも自由にさせておくわけにはいきません。

探偵に来る奥さんの中には4年も5年も前から浮気に気付いていたのに、ずっと問い詰めなかったという人もいます。

問い詰めたところで言い訳されるというのもありますが、それがきっかけで家庭が崩壊するのを恐れているんです。

 

旦那さんの浮気が遊びで、奥さんが今の状況に耐えられるならずっと無視しておくのもアリです。

でも、浮気が本気なのかなんて他人にはわかりませんし、離婚とか妊娠のリスクもあるので、どこかで奥さんが動かないといけません。

問い詰める方にも覚悟がいる

 

浮気している確証があっても問い詰めれば修羅場になるかもしれません。

旦那さんの気持ちが残っている場合は、証拠を突きつければ謝って反省するでしょう。

 

しかし、奥さんや家庭への愛着がなくなっている場合は、これ幸いと離婚を求めてくるかもしれません。

離婚できないから問い詰めることもできないって奥さんも多いです。

旦那さんは経済力という伝家の宝刀を握っているだけに強気の行動に出ているのかもしれません。

 

では、奥さんは我慢するしかないのか、というとそんなことはありません。

浮気しているという確信があるのなら、探偵に頼んで証拠を取ってもらえばいいことです。

その証拠は表に出さず、熟年離婚するときに交渉の材料にしてもいいでしょう。

ずっと知らんふりをしていれば、旦那さんは浮気を続けるでしょうから、それだけたくさんの証拠を得ることができます。

 

まとめ

ポイント

家族仲が悪くなると嫌だから、どうせ離婚はできないから、などの理由で浮気を放置しても、いつかはその問題と向き合わないといけません。

浮気されていた期間が長いほど被害者の心の傷も深く、許そうにも許せないってこともあります。

まずは低リスクで自分でできることから始めてみてください。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない