同棲

 

浮気が原因で夫婦喧嘩が続き、旦那さんがキレて「別居だ!」と言って家出する。

そしたら案の定、浮気相手と同棲していたというケースはいくらでもあります。

ここまでくると浮気の証拠を掴んだとしても和解するのは難しく、有利に離婚するための調査になりがちです。

 

家出した旦那さんは離婚したがっている、奥さんは離婚したくないとなると長期戦を覚悟しないといけません。

奥さんに落ち度がない以上、離婚を拒否することはできますが、浮気女と別れさせて家に帰ってこさせるのはイバラの道です。

 

しかし、浮気女と同棲していたから本気の浮気だったとは限りません。

いい歳したおっさんが女性に言い寄られてデレ~っとなっただけかもしれません。

 

下手に経済力がある旦那さんだと、離婚して再婚という選択肢を視野に入れますが、本当にそれができるのか冷静に戻ると、あっさり奥さんの元に帰ってくることもあります。

 

恋愛感情が絶頂にある時は、自分に不可能はないかのような妄想に浸りがちですから、ガツンと一発喰らわせて現実に戻してあげることが大切です。

冷静に戻っても尚浮気相手を選ぶというのなら、それ以上固執するのは無駄になります。

 

不倫の実態はケースバイケースといえど、最初から本気で付き合っているカップルは少ないと思います。

最初は割り切った関係だったのに片方が本気になって、もう片方もそれを受け入れる。

そして、当事者たちでさえ予想していなかった大事になることもあります。

 

もっと早い段階で不倫を終わらせていればと後悔しても遅いのですが、裏切られた方の気持ちを思うと気の毒でなりません。

今回も、浮気夫が家出して同棲していた調査の事例をご紹介したいと思います。

 

真面目な夫がまさかの浮気?

 

問題になっている旦那さんは真面目な人で、奥さんもこれまでは浮気の心配などしていなかったそうです。

 

それが変わり始めたのは、旦那さんが風俗通いがきっかけでした。

奥さんは旦那さんの財布から風俗嬢の名刺を見つけて、問い詰めたそうです。

 

大喧嘩になったものの、同僚に強引に誘われたのがきっかけだったことや、生活に刺激が欲しくなっただけということで、奥さんも渋々許すことにしました。

 

でも、完全に元通りというわけにはいかず、お互いに素っ気ない態度をとっていたとのこと。

そして、風俗発覚から半年程経ったある日、旦那さんは置き手紙を残して家出してしまったそうです。

 

手紙には、一緒に生活することに耐えられなくなったことや、子供が高校を出るまでは別居生活をして、その後のことはそれから考えよう、などの内容が書いてあったそうです。

奥さんは、自分が旦那さんをここまで追い詰めていたのかと思い、謝ろうとしたものの音信不通になっています。

 

旦那さんの家出先は

 

会社にはこれまで通り出社しているようで、付近にアパートでも借りているのでしょう。

生活費も振り込まれているものの、旦那さんの突然の家出に子供も困惑しているそうです。

 

奥さんは居ても立ってもいられず、旦那さんを尾行して棲家を突き止めることにしました。

尾行はうまくいったものの、旦那さんが入って行ったのは単身者が住むにしてはやけに大きなアパートだったそうです。

「もしかして?」と思い、そのまま張り込んでいると、旦那さんの部屋から若い女が出てきました。

その女の風貌からして、あの時の風俗嬢と一緒に住んでるんだと確信したそうです。

 

風俗嬢とお客さんがお店以外の場所でデートしていることはよくありますし、肉体関係をもっている場合もあります。

でも、同棲まで始めてしまったというのは後にも先にもこの事例しか知りません。

 

証拠固めはスムーズに進む

 

奥さんが住んでいる家と、旦那さん達が同棲している部屋は歩いて30分くらいの距離です。

こんな近距離で生活していたら、バッタリ出くわすかもしれないと思わないのでしょうか。

 

二人が一緒に生活していることは明らかですが、奥さんは離婚を望んでいません。

「あんな女に夫を盗られるなんて絶対に許せない」

と仰っていました。

 

旦那さんはこれまで真面目過ぎたからこそ、ドップリとハマってしまったのかもしれません。

探偵が集めた証拠を手に奥さんは、旦那さん達が住むアパートに突撃したそうです。

話し合いの結果、旦那さんは家に戻ってきて、浮気相手には慰謝料を払ってもらうことで決着しました。

 

ヤクザ屋さんから電話がきた

 

この調査が終わって1週間ほど経ったある日、事務所に電話がかかってきました。

電話口の男性は荒い口調で

「俺の女が世話になったなぁ」

と怒鳴りました。

 

何の話??と思ったらいきなり「夜道に気をつけぇや!」みたいなことを言われて切られてしまいました。

おそらく、時期的に見てあの風俗嬢がらみのことでしょう。

電話口の男は風俗嬢の彼氏?・・(-_-;)

でも、旦那さんと一緒に住んでたし・・。

 

一応予想してみると、あの風俗嬢には彼氏がいて、うまくいっていなかったので仲の良かった旦那さんに言い寄り、同棲を始めたのではないでしょうか。

それで旦那さんと破局したので、ヤクザ屋さんの彼氏に泣きついたわけです。

 

だとすると、旦那さんの方にもヤクザ屋さんから電話がいっているのでしょうか。

慰謝料は弁護士を介して請求しているので大丈夫だと思いますが。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない