浮気

 

旦那さんは出来心で浮気してしまった、一回きりのつもりだったのにずるずると関係は続いてしまった、ついに奥さんにバレてしまった、その時の旦那さんの心境は大方

(この浮気も潮時だな、きっちり終わりにしよう)

です。

 

旦那さんにとって一番大切なのはやっぱり家族です。

特に子供の存在は大きいです。

もし自分の不貞が原因で離婚することになったら、子供とは二度と会えないかもしれません。

奥さんとの関係が冷めていても、子供まで捨てるのは相当なことです。

 

また、ぶちギレた奥さんを見て冷静になるというのもあるでしょう。

 

少し話がそれますが、私の知り合いでキャバ嬢にハマっていた人がいます。

家庭のことを顧みず、すべてのお金をキャバクラにつぎ込んでいたのですが、当然奥さんにバレてしまいました。

奥さんが傷ついているのはもちろんのこと、散財のせいで子供も我慢していたことが発覚しました。

その時に旦那さんは(俺はなんてバカなことをしていたんだ!)と気付いて、自分の頭を思いきり殴りたい気分だったそうです。

その後は夜遊びはきっぱりやめて、今は家庭も落ち着いているようです。

 

何が言いたいのかと言うと、恋愛感情は冷めやすいもので、一旦冷めると態度が180度変わるということです。

皆さんも大好きだった気持ちが一気に冷めて、(なんであんな人のために頑張ってたんだろう??)となった経験があるのではないでしょうか。

 

不倫関係もこのような流れでやめさせることができればいいのですが、うまくいかないケースもあります。

なぜならば、浮気相手は悪人であることが多く、旦那さんの弱みを握っているからです。

中には経済力目当ての浮気相手もいますから、簡単に引き下がるとは限りません。

 

今回は、浮気相手の女性に脅迫されてしまった旦那さんのお話をご紹介したいと思います。

 

最初の浮気発覚

 

今回の旦那さんは30代後半でお堅い職業の方です。

お子さんもいて順調な人生だったのでしょうが、なぜか不倫関係にハマってしまいました。

浮気相手は30歳前後の女性で、過去に奥さんとバトルしています。

 

旦那さんの携帯を見て浮気を知った奥さんは、旦那さんを白状させて三人での話し合いを要求しました。

携帯の履歴には肉体関係があったことを証明する会話が残っていたので、それを材料に二人を問い詰めたそうです。

浮気相手は「知らない知らない」と言っているものの、旦那さんが既に白状しているので意味がありません。

奥さんも大事にしたくないからと、二度と会わない旨の誓約書にサインさせて、それ以上の制裁はしなかったそうです。

 

旦那さんが白状した内容によれば、浮気相手とは職場の飲み会で知り合い、むこうからアプローチしてきたそうです。

酔いもあって肉体関係をもってしまい、その後も月に1~2度会っていました。

浮気相手の方から誘っているのは携帯の履歴からも明らかだったので、それが旦那さんを許せる理由になったのでしょう。

 

浮気相手は諦めていなかった

 

奥さんは旦那さんを転職させたり携帯番号を変えたりと、色々と再発防止策をしたかったそうですが実際にはできなかったそうです。

 

旦那さんの仕事は元々残業が多く、帰りが遅くなる度に(まさかまた不倫してるんじゃ・・)という不安に駆られていました。

この頃、奥さんからメールをいただき「浮気相手とはもう完全に切れているのでしょうか」という相談にのっていました。

それだけの情報では何とも言えませんが、奥さんが信じると決めたのならそれを貫くしかありませんし、今からほじくり返すのはよくないでしょう。

 

一応、旦那さんの浮気をチェックするポイントをお教えして、どうしても疑念が消えないなら一度調査しましょうという話になりました。

 

結論からいうと、旦那さんはこの時も浮気相手と続いていたわけですが、バレない努力はしていました。

でもさすがに下着の匂いにまでは気が回らなかったようで、それが原因で奥さんは調査に踏み切ることを決めました。

 

旦那さんの素行調査を行ったところ、浮気相手は予想通りあの女性で仕事の合間に会っていたようです。

 

浮気相手からの脅迫

 

旦那さんは証拠の写真を見せられると今回もすぐに認めました。

三人で話し合った数日後、浮気相手から連絡があり、「私を捨てるなら不倫のことを職場にバラす。そしたら困るでしょ?」と言われたそうです。

 

旦那さんは電話で「手切れ金を払うから」などと説得していたものの直接会って話すことになり、結局また不倫関係に戻ってしまいました。

浮気相手は本気で略奪を狙っており、引き下がるつもりはなかったのでしょう。

旦那さんの仕事が不倫が許されない職種であることや、転職が容易でないことも知った上で粘っていたのです。

 

浮気相手を切るつもりで会いに行ったのに、のこのことホテルに誘われてしまう旦那さんも旦那さんですが、男って目の前の誘惑には抗えないものです(-_-;)

 

なお、「不倫を職場にバラすぞ?」と脅すのは脅迫罪、実際にバラしたら名誉棄損です。

奥さんであってもこれらの行為は違法です。

公正証書で不倫をバラさないことを確約させれば一定の効果がありますが、本気になれば誰の仕業かわからないようにバラすことはできるでしょう。

 

個人的には浮気相手がそのような行動に出る可能性は低いと思います。

なぜならば、そんなことをしても浮気相手のメリットは小さいからです。

多少気が晴れても、バレれば損賠請求に罰金、最悪の場合懲役刑までありますからリスクの方が巨大です。

打算で動く人間は、自分に得のない行動はしません。

 

それでももしバラされてしまったら・・元をたどれば身から出た錆ですから退職するしかないでしょう。

 

この他にも、奥さんに嫌がらせをしてきたり、死んでやるなどと言ってくる浮気相手がいます。

そのような人間とは話をしてもムダですから、法的な力で対抗するしかありません。

 

今回ご紹介したケースでは、旦那さんの強い反省の色もあって、奥さんは離婚しない道を選ばれました。

男性って40~50歳くらいになって、(俺も老けてきたな・・)と落ち込んでいる時期に若い女性にアタックされると燃え上がってしまうものです。

でも所詮は平気で他人の家庭を壊す女ですから、冷静になればどちらが大切かはわかるはずです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない