ホテル

浮気相手とどこで会うかって悩みますよね。

日々浮気調査をしていると、警戒心の高さは人それぞれですが、皆さん色々な工夫をされています。

 

そもそも浮気って、

「浮気してるでしょ!?」

と問い詰められても、

「はぁ?証拠でもあんのか!?」

と言い返せばいいのですから、ごまかすのは簡単です。

 

もし、浮気相手とのラブラブなメールを見られても、楽しくデートしている姿を目撃されても

「ただの友達だ!セックスはしていない」

と言えばいいのです。

 

浮気がバレるというのは、正確には不貞行為をしたことがバレるということなので、ラブホテルに入る姿を撮影されない限りは「やってない」の一言で言い逃れできます。

 

浮気相手と会っている場所がマンションやシティホテルだと一枚の写真では不十分で、探偵は複数の証拠を撮影する必要があります。

 

つまり、浮気を隠そうと思ったらラブホテルで会うのは論外です。

それは大前提として、どこでどのようにして会えば浮気を隠すことができるのかをご紹介したいと思います。

 

浮気を隠すためにお金をかけよう

お金

まず、浮気を隠すにはお金がかることを知っておかないといけません。

毎回、自分の車に浮気相手を乗せて、コンビニに寄ってからラブホテルに行けばお金はかかりませんが、それだと速攻でバレてしまいます。

 

たまにはレストランで食事したり、隣町のショッピングモールでデートしたりしたいかもしれませんが、それも駄目です。

デートしたいなら飛行機や新幹線で、知り合いが一人もいない土地まで出かけてください。

もちろん一緒に行くのはダメで、現地集合の現地解散です。

 

ラブホテルを使えない以上、浮気相手と過ごす場所はシティホテルかマンションになります。

シティホテルを使う場合、それぞれの名義で2部屋取っておきましょう。

それぞれが部屋に入ったら、廊下に人がいないことを確認して、即座に相手の部屋に移ります。

チェックアウトの時間をずらすのも忘れてはいけません。

 

それと、できるだけ高級なシティホテルを利用しましょう。

フロントや警備がしっかりしているほど、探偵の尾行も難しくなります。

 

自分か浮気相手がマンションで一人暮らしならばそこを密会場所にしましょう。

オートロックは必須で、玄関が外に面している部屋だとNGです。

別の建物から望遠で撮影されてしまいます。

 

シティホテルはお金がかかる、マンション暮らしでもないという場合は、浮気用のマンションを契約しましょう。

知り合いがいない土地で、セキュリティがしっかりしているマンションがおすすめです。

 

マンションで密会する時の注意点

マンション

探偵は二人が同じ部屋に入る姿を撮影したいわけで、マンションの中にも入ってきます。

自分がエントランスに入ったら、その後に誰か入って来ないかを確認しましょう。

自分が入ったすぐ後に誰か入ってきたら、それは住民のふりをした探偵かもしれません。

ですので、エントランスに入ったらエレベーターに乗る前に10分ほど待機しましょう。

 

また、これにシティホテルにも言えることですが、エレベーターにはできるだけ一人で乗るようにしないと、どこに探偵がいるかわかりません。

 

密会場所までの行き方

 

シティホテルにせよマンションにせよ、まっすぐ向かってはいけません。

せっかくお金をかけて密会場所を確保しても、そこに入っていく姿を見られると尻尾を掴まれてしまいます。

 

常に「尾行されているかも」という緊張感をもち、尾行を振り切るつもりで複数のフェイントをかけましょう。

突然走り出したり、電車をいくつも乗り継いだり、タクシーを利用してわざと遠回りしましょう。

 

自分の車を浮気に使うのは絶対にいけません。

どうしてもという場合は、パーキングに車を置いてから複数の交通機関で遠回りしつつ密会場所に行きましょう。

最低でも30分、できれば1時間以上遠回りしてから密会場所に行くのがベストです。

 

浮気は戦いです

戦い

浮気とは配偶者を裏切る行為ですから、対立は避けられません。

浮気を疑われていない期間はまだしも、配偶者は些細な変化から浮気を疑うようになります。

どんなに神経を張り詰めていても、配偶者に悟られないのは無理だと思った方がいいでしょう。

 

浮気された人は強烈な怒りと悲しみでぶつかってきますから、浮気する人も死ぬ気の覚悟が求められます。

浮気は戦争のようなもので、一度始めたらどちらかが破滅するまで続きます。

浮気した人が白状して降参すると、離婚や慰謝料などで大変な目に遭いますから、最後の最後まで戦うしかありません。

 

浮気されている人のゴールは不貞の証拠を掴むことです。

では、浮気している人のゴールはどこなのでしょう?

実は浮気している人にゴールはなく、半永久的に隠し続けるしかありません。

浮気されている人の憎悪は日に日に大きくなるので、逃げる難易度も日々大きくなります。

 

不倫関係の期間が長いほど、おわった時に夫婦仲をやり直せる可能性は低くなります。

子供にも愛想を尽かされて一生会えなくなるかもしれないので、その点も覚悟しておきましょう。

離婚しても親子の関係はなくなりませんが、子供が会いたくないと言えば会えません。

私も、子供から絶縁を言い渡された浮気夫(妻)の事例をいくつも見てきました。

 

まとめ

 

浮気相手と会う場所はシティホテルかマンションに限定する。

二人で外を出歩くのは厳禁で、どうしてもという場合は遠く離れた土地で待ち合わせする。

密会場所に向かう時は細心の注意を払い、フェイントやクッション行動をいくつもはさんでから密会場所に行く。

 

これらのルールを守れば不貞行為を立証される可能性はかなり低いです。

もちろん、自分だけでなく浮気相手にも警戒行動を徹底させましょう。

浮気を隠すには相当なお金と労力がかかりますが、バレた時のリスクに比べると安いものです。

 

では最後に、浮気されている人はどうすればいいのかをご紹介します。

もしあなたの旦那さん(奥さん)が相当警戒心の強い人で、上記のような警戒行動をとっているのであれば、探偵をつかっても無駄骨におわるでしょう。

 

でも、浮気している人はスパイや特殊工作員ではなく、ただの素人です。

警戒行動を徹底している人は少数で、それを継続している人はさらに少数です。

まったく隙が無いターゲットなど現実にはいません。

 

浮気されている人が煽らなければ、浮気している人は段々油断していきます。

そして、「今なら尻尾をだしそうだ!」というタイミングがくれば探偵をつかいましょう。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない

 


<不倫でお悩みの方へ>

不倫を解決するには探偵の掴む法的な証拠が不可欠です。
探偵社のレベルはピンキリですが、信頼できる探偵を見つけることができれば解決したも同然です。

当ブログでおすすめしている「原一探偵事務所」は日本で最も大きく、長く経営されている探偵社です。
信頼のおける探偵社なので、パートナーの不倫でお悩みの方はぜひご相談ください。

>>原一探偵事務所公式サイト