尾行

女性が旦那さんの浮気を疑った場合、メールの履歴やレシートなどの物的証拠を集める傾向にあります。

男性が奥さんの浮気を疑った場合は、GPSで奥さんの動向を探ったり、自分で尾行してみたりという傾向があります。

 

メカに強い人であれば、GPSやICレコーダーの設置は簡単ですし、運転に自信がある人なら自分で追跡するのも可能です。

特に、最近のGPSはそこそこの価格で高性能のものがあります。

 

私のプライベートの知り合いでも、自力で奥さんの浮気を暴き、浮気現場に乗り込んだ人がいます。

不倫の二人はカラオケにいたのですが、旦那さんはレジで奥さんの部屋番号を聞いて突撃したようです。

その後は修羅場になって警察沙汰になったと聞きました。

 

奥さんの浮気相手は20歳そこそこの青年だったので、実家に怒鳴りこんで親に慰謝料を払わせたそうです。

こういう解決の仕方もありと言えばありですが、性格的にそんなことはできないという人もいるでしょう。

そもそも、カラオケにいる場面で怒鳴りまれても、「やましいことはしていない!」と言い張れば逃げ切れたのです。

 

私としては、確信を得るまでは自力で調査するのもいいですが、その後は探偵を使い、法的な請求をした方がいいと思います。

自力の解決は一歩間違えば犯罪になりますし、違法な手段で手に入れた証拠は証拠能力がなくなります。

 

今回も自力で妻の浮気調査をしていた旦那さんをご紹介しますが、危険なことだけはやめていただきたいものです。

 

保育士の奥さんが浮気?

 

40代の旦那さんは奥さんが浮気しているという確信をもっています。

探偵に相談する前に、奥さんの浮気を暴くために多くの努力をされていました。

 

まず、旦那さんは小型のGPSを購入して、奥さんのカバンに設置しました。

バレないように隅っこの方に設置したそうですが、バレなくてよかったですね。

充電のために取り出す必要があるし、もしバレると修羅場になるでしょう。

 

結果的にGPSの存在はバレず、仕事が終わった後にホテルに行っていることがわかりました。

このデータを突きつけたい衝動に駆られる旦那さんですが、そこはよく勉強されていて、こんなデータでは証拠にならないことを知っていました。

 

GPSの次はカメラを購入して、レンタカーを借りて二人を尾行したそうです。

奥さんが浮気するのは決まった曜日だったことや、旦那さんの仕事が時間に融通のきくものだったのでできたことです。

 

職場から出てきた奥さんは少し歩いたところで浮気相手の車に乗り、ホテルに向かいました。

旦那さんもバレずに追跡しています。

 

それにしても、尾行がバレなかったのは運が良かったのか、旦那さんのスキルが高かったのか・・。

車は変えていても、顔はバレていますから振りかえられるとアウトです。

 

旦那さんは

「尾行している時は心臓がバクバクなって、手が震えてきました。

探偵の人はいつもこんなことをやっているんですね」

と言っていました。

 

尾行は緊張しますが、震えるほどではありません(-_-;)

旦那さんの場合は、身内を尾行していたので不安が大きかっただけでしょう。

事故でも起こせば大変ですし、やらない方がいいですよ。

 

結果的に尾行も成功して、浮気相手の車の斜め前方に旦那さんも駐車しました。

ホテルに入る瞬間を撮ろうと思ったものの、一瞬の出来事ですからチャンスを逃したそうです。

 

そこで、二人が出てくるまで車の中で張り込みをすることにしました。

ここが旦那さんの計算ミスで、車から長時間出てこない場合、ホテルの従業員が注意しにやってきます(放置するホテルもあります)

15分ほど車の中にいると、ホテルの従業員から注意されてやむなく車を出しました。

 

近くで張り込みできそうな場所を探したものの、そんな場所もなく、精神的にも限界で断念したそうです。

 

結局、探偵に頼むことに

 

この旦那さんは(よくそこまで一人でできたなー)と感心するほどすごい人でした。

探偵の浮気調査が成功するのは、ターゲットに顔がバレていないこと、こちらが複数であること、装備が揃っていることなどの条件があるからです。

 

旦那さんはGPSとカメラ、レンタカーでそれなりの出費をしたでしょうから、結果だけ見れば最初から探偵に頼むべきでした。

でも、自力で何とかしたい気持ちもわかりますし、奥さんにはバレなかったので結果オーライと考えましょう。

 

依頼をいただいて調査し、奥さんの不貞の証拠や浮気相手の素性まで明らかにしました。

浮気相手は奥さんの職場(保育園)によく来る園児のパパです。

ちなみに、その保育園は地元では有名な不倫している保育士がたくさんいるところです。

旦那さんも浮気相手は職場つながりだろうと思っていたそうで、浮気相手の奥さんに連絡を取ってみるそうです。

 

今はネットで何でも調べられる時代なので、探偵に来る方もかなり勉強されています。

「こういうのは証拠にならないんですよね?」

「探偵はここまで調べてくれるんですよね?」

という人もいれば

「なにもわからないんですけど、とにかくお願いします」

と藁にすがる感じの人もいます。

 

自分でできるところまでやるのは良いことですが、リスクについても知っておきましょう。

ターゲットにバレるだけならまだしも、過去には車で尾行して事故ってしまったという依頼主さんもいました。

 

私も身内を尾行する自信はないですし、撮影するなんてもっとムリです。

結果とリスクが釣り合わないことはしない方がいいですよ。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない