復讐

浮気相手に慰謝料を請求したり、謝罪を要求するだけでは怒りが収まらないという人もいるでしょう。

浮気相手の会社や両親に不倫をバラしたり、暴力をふるったりという復讐は後を絶ちません。

 

自分の人生をめちゃくちゃにした相手に復讐したい気持ちもよくわかるのですが、それでも復讐はしない方がいいとお話しています。

それは、復讐すれば自分もただではすまないから、という理由だけではありません。

今回は、私が考える復讐しない方がいい理由をご紹介します。

 

身勝手な人間は自然に不幸になる

 

浮気した人にもそれなりの事情があったのかもしれませんが、悪いことだとわかっていながら続けていたのですから、間違いなく自分勝手なわがまま人間です。

浮気する人の特徴は、自分が可愛い、自分に甘い、自分に都合のいいように正当化するなどがあります。

ようは身勝手な人間というわけです。

 

そういう人間は放っておいても必ず不幸になります。

身勝手な人間は勝手に地獄に落ちていくのですから、被害者がわざわざ手を汚す必要はないのです。

 

「わがままな人間で幸せになっている奴もいるよ!」という意見もあるかもしれません。

たしかに、他人の都合などおかまいなしに突き進む自己中人間は成功することもあります。

 

でもそれって、結局は短期的な成功におわるんです。

ここで、自己中人間は最終的には不幸になるというお話をご紹介したいと思います。

 

夫と子供をおいて出て行った女

 

その女性は夫と子供がいましたが、家族を捨てて浮気相手の元に走ってしまいました。

こっそりホステスのバイトをしていて、そこで出会った高収入の男性に乗り換えたのです。

 

周囲の人は

「あの女は最悪の人間だ」「いつか必ずバチがあたる」

と言っていました。

 

その女性はその後、大きな家に住み高級車を乗り回す生活をしていましたが、そんなものは長続きしません。

再婚後も夫は夜遊びをやめず、二人の関係は冷め切っていました。

その女性はそういう人間なので友達も少なく、いたとしても同じような腹黒い人間です。

今、その女性は夫に離婚される恐怖に怯えながら生活しています。

配偶者というよりも、捨てられることに怯えるペットのような存在です。

 

人間未満の人間

 

残念ながら世の中には、人間とはいえないレベルの人間が存在しています。

自分がいい思いをするためなら何でもやる!他人の気持ち?そんなの知ったことじゃねえ!自分さえよければそれでいい!という人間がいるのです。

 

彼らは自分の欲望に貪欲で猛突進するので、短期的な目線であれば幸せになります。

まあ考えてみれば、欲望まっしぐらで突っ走っている人間の方が願望を叶えやすいのは当然のことです。

彼らは理性や良心によるコントロールが効かない状態で、いつも本能優先で動いています。

 

競争や奪い合いという観点でみれば、悪い奴の方が勝ちやすいです。

ルールを守っている人間と守っていない人間が勝負すれば、そりゃあ守っていない人間が勝つに決まっています。

 

因果応報と類友の法則

 

因果応報とは、良い行いをすれば良いことが返ってくるし、悪いことをすれば悪い結果が返ってくるという法則です。

しかし、現実には「憎まれっ子世にはばかる」と言われるように、悪い人間がいい思いをしていることが多いです。

なので、「因果応報なんて嘘じゃん!」と思う人もいるでしょう。

 

でも、もう一つ、類は友を呼ぶという法則を考えてみてください。

人間は同じ性格で集まる傾向があり、ヤンキーグループの中にガリ勉がいたりはしません。

ヤクザの周りには同じような人間が集まるし、オタクの周りには同じタイプが集まります。

 

この法則からいくと、自分勝手な人間の周りには自分勝手な人間が集まることになります。

自己中人間と気が合うのは自己中人間しかいないのです。

 

そうなると、より強い自己中人間が勝つことになり、死ぬまで争奪戦を続けることになります。

争奪戦に勝っても勝っても、より強い自己中人間が現れますから、まさに修羅の道です。

それを避けるには誰とも関わらずに孤独になるしかありません。

 

まとめ

 

長々と書いてしまいましたが、言いたいことをまとめると、「自己中人間の周りには自己中人間が集まるので結果的に不幸になる。だから復讐なんてする必要はない」ということです。

 

動物のように寿命が10年程度であれば短期決戦で突き進むのもありですが、人間の寿命は長いですからそうはいきません。

悪いことやズルいことをして一時的にいい思いをしても、それは長続きしません。

詐欺で大儲けする人はいますが、一生詐欺を続けて食っていける人がいないのと同じです。

 

浮気に限らず、憎い相手に復讐したくなるときがありますが、わざわざ自分がやらなかくても勝手に不幸になってくれるのです。

 

ちなみに、浮気した夫(妻)と離婚しない場合はある程度の制裁をしないといけません。

憎いから復讐するというよりも、再発防止のためにやらないといけません。

一番効果的なのは、クレジットカードを渡して現金は一切渡さないことです。

お金の流れを押えれば行動を縛ることができます。

 

とにかく、頭のおかしい人間には関わらないのが一番です。

そんな人間に復讐したばかりに、自分まで大変な目にあうのはアホらしいですよ。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない