嘘つき

浮気する人には嘘や言い訳が多いという特徴があります。

浮気以外のところでも嘘や言い訳をすることが多いんです。

 

嘘をつくのは「自分をよく見せるため」、「自分が傷つかないようにするため」です。

誰でも多少の嘘はつくでしょうが、それが癖になっている人は条件反射のレベルになっています。

熱い鍋に手を触れたら反射的に引っ込めるが如く、口から嘘がでてしまうんです。

 

それを矯正するのは難しいと思います。

条件反射ですから、本人が「嘘をつく癖を治したい」と心底思っていても中々治らないものです。

 

嘘つきがさらに重症化すると、本人ですから何が真実なのかわからなくなっています。

浮気した人は「やってない、本当だ!」と言い続けて、最終的には「何が何だかわからない!とにかく知らない!」と言い出します。

 

嘘つきが癖になっている人に嘘をついたと白状させるのは不可能です。

彼らの「自分を守りたい」という欲求は本能レベルにまでなっていて、中には幼児化して泣き出してしまう人もいます。

 

浮気後も離婚せずに関係修復を図る場合、浮気した人に嘘つきの属性があるのなら修復は困難です。

本能レベルまで刷り込まれた自己保身をやめさせるのは無理です。

 

そのような場合は諦めて離婚した方が良い生活になることもあります。

すぐに離婚できなくても、離婚に向けた計画を立てた方がいいでしょう。

今回は、旦那さんがすごい嘘つきの人で裁判までいってしまったケースをご紹介します。

 

日頃から嘘が多い夫

 

問題の旦那さんは日頃から嘘が多く、小さなことでも嘘をつくそうです。

例えば、自宅の便器が汚れていた時、奥さんが

「飛び散らないようにしてって言ってるでしょ!」

と旦那さんに注意しました。

 

旦那さんは

「いや!俺じゃない!俺は綺麗に使ってる」

と言うのです。

 

その家に男性は旦那さんしかいないので、小便を飛び散らせるのは旦那さんしかいません。

まさか空き巣が入って、トイレだけして出て行ったとでも言うつもりでしょうか(-_-;)

旦那さんの虚言癖には奥さんも飽き飽きしていて、問い詰めるのも疲れたそうです。

 

クレジットカードの請求が増えた

 

旦那さんのクレジットカードの請求が急に増えて、奥さんは

「なんでこんなに使ってるの?節約してよ!」

と怒りました。

 

旦那さんは

「仕事の付き合いで出さないといけないこともあるし仕方ないだろ!」

と言い返しました。

 

旦那さんが嘘をつくときは語気が強くなる特徴があるので、奥さんはすぐに嘘だと気づきました。

クレジットカードの明細を見れば嘘なのは一目瞭然で、仕事づきあいで行くような店では使っていません。

なぜ旦那さんはこんなバレバレな嘘をつくのか・・傍から見れば呆れてしまいますが、こういう旦那さんはけっこう多いです。

 

探偵が証拠を撮影

 

奥さんは探偵事務所に来て

「夫は私が浮気に気付いていることに気付いていません。

今ならすぐに尻尾をだすでしょうからお願いします」

と言われました。

 

こういう依頼ならば探偵としても大助かりです。

奥さんの手際の良さからして、よほど賢い人なのか、過去に同じようなことがあったのでしょう。

 

ともかく、旦那さんの尾行を開始すると、ランチをお洒落なカフェで女性とご一緒していました。

会計するところを覗くと、(やっぱりカードで支払ってる!アホだな~)と思いました。

 

旦那さんはその後職場に戻り、18時頃に会社から出てきました。

旦那さんの車はコンビニに向かい、そこでさっきの女性と合流していました。

その後はラブホに休憩で入るお決まりのコースでした。

 

旦那さんの帰宅は22時頃です。

きっと「あぁ~今日も残業で疲れた~」とか言いながら晩酌するのでしょう。

 

ちなみに、ホテルで張り込んでいるときに奥さんから電話があり、

「夫が帰ってきませんが、まだ会社にいますか?」

と尋ねられました。

 

「旦那さんは今○○のホテルに女性と入っています。

証拠も撮影しているので後日お渡しします」

と答えると、電話口で何かを殴るような音が聞こえました・・。

 

浮気相手も騙されていた

 

旦那さんは証拠写真を見せられてもセックスはしていないと言い張っているそうです。

あれは親しい女友達だと言い張るので、奥さんはその女性の電話番号を聞き出しました。

旦那さんはそれも嫌だと言ったそうですが、疑しい行動をしたのは事実ですから奥さんも引き下がりません。

 

何とか番号を聞き出して

「あんた!自分が何したのかわかってるんでしょうね!

もうすぐ証拠と慰謝料の書類が届くから覚悟してなさいよ!」

と女に告げました。

 

しかし、女は驚いた様子で

「なんのことですか?あなたは○○さんの彼女ですか?」

と言ってきたそうです。

奥さんが「妻です!」と答えると相手は電話口で無言になってしまいました。

どうやら旦那さんは浮気相手にも嘘をついて、独身だと言っていたようです。

 

とにかく3人で話さないと埒が明かないと機会をもうけ、旦那さんはやっと全ての嘘を白状したそうです。

 

探偵に事の顛末を話してくれた奥さんは

「もうあの人の言葉は一つも信用できません。離婚しかないと思います」

と仰っていました。

 

今浮気している人で離婚はしたくないと思っている人は、証拠を撮られたらすぐに謝った方がいいですよ。

わが身可愛さで下手な嘘をつくと、かえって自分の首を絞めることになります。

 

今回のような、奥さんに戦う姿勢があるケースは解決がスムーズです。

浮気されている人が「でも・・もし・・」と言っているといつまで経っても解決は見えてきません。

ぜひ自分の未来のために戦ってください。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない