探偵

探偵選びで失敗しないためには、複数の業者を比較した上で決めることが重要です。

見積りを出してもらい、疑問点をすべて解消した上で依頼先を決めましょう。

 

浮気調査の失敗とは、大きく分けて2つのパターンがあります。

1つ目は、調査した期間にターゲットが浮気相手と会わないパターンです。

これは運によるところが大きいですが、何時から何時までを何日間調査するのか、事前によく相談すれば空振りの可能性を減らせます。

給料日後や連休、誕生日などのヤマを張るのも有効です。

 

2つ目は、探偵の技量不足による失敗です。

証拠写真が鮮明でなかったり、尾行がバレそうになって調査を中断するパターンです。

現場のミスで調査が失敗した場合は、どのような保証があるのかも確認しておきましょう。

 

ちゃんと話を聞いてくれる探偵か

面談

依頼主がどのような結果を求めているかによって、探偵が掴むべき証拠も変わってきます。

不貞行為を理由に離婚を請求するならば、探偵はとことんターゲットを追いかける必要があります。

依頼主の希望が、「浮気の有無を確認したい」、「浮気相手がどんな人間なのか知りたい」程度であれば、そこまで踏み込んだ証拠は必要ありません。

 

依頼主と探偵の意思疎通がしっかりできていないばかりにトラブルになるケースは多いです。

依頼主は法的に有効な証拠を求めているのに、探偵が撮影したのはデートしているだけの写真ということもあります。

 

そんなトラブルを防ぐためにも、その探偵はしっかり話を聞いてくれるか、というのがとても重要になります。

契約を急かそうとしたり、面倒くさそうに対応する探偵には依頼しない方がいいです。

 

浮気調査は地元の探偵に頼む

尾行

尾行するときに土地勘があるかないかの違いは大きいです。

もちろん、「土地勘がないので失敗しました」なんて言えませんが、あるかないかなら、絶対ある方が有利です。

 

また、遠方の探偵に頼めば割増料金になるでしょうから、わざわざ遠方の探偵に頼む理由はありません。

もし、隣の県に大きい探偵社があったとしても、まずは地元の探偵を優先して探すべきです。

大手が必ずしも優れているとは限らず、中小の探偵社でも頑張っているところはたくさんあります。

 

ゴリ押ししてくる探偵は良くない

契約

「旦那さんは絶対浮気していますよ!

調査すれば確実に証拠が撮れます!

費用は浮気相手から慰謝料を取れるから心配ないですよ!」

こんな風にゴリ押ししてくる探偵社は要注意です。

 

たしかに、ほぼ確実に成功を保証できる場面もあるのですが、それは稀なケースです。

旦那さんが週に3度も4度も浮気相手と会っていて、全く警戒していないのなら90%以上の確率で証拠が撮れるでしょう。

 

でも、ほとんどのケースでは

「夫は浮気してると思うけど、もしかしたら思い過ごしかも」

「浮気相手と会うのは月に1度か2度で、いつ会うかはわかならない」

という状況です。

そんな曖昧な状況で「絶対証拠が撮れます!」なんて無責任なことを言ってはいけないでしょう。

 

それにある程度の証拠が撮れても、相手が慰謝料の支払いに応じるかはわかりません。

大事になる前に降参しようと考える人もいれば、最後の最後までゴネてやろうと考える人もいますし、証拠の質によっては逃げられてしまう可能性もあります。

 

真っ当な探偵ならば、失敗したときのリスクについてもきちんと説明してくれます。

それ以前に、浮気している確信がないのなら、まずは自分でできる浮気調査を勧めることもあります。

 

浮気調査の面談は、どんな風に調査するか、費用はどれくらいになるか、証拠がでなかったらどうするか、などたくさん話し合うことあるので、すぐに契約を決めさせようとする探偵は要注意です。

 

効率よく探偵を探すには

スマホ

まずは地元の探偵を探して、メール相談から始めるのがおすすめです。

メールの対応次第で信用できそうなら面談に行きましょう。

 

ただ、デリケートな情報をあまり話したくないでしょうし、1つ1つメール相談を送るのも大変です。

そこで、「街角探偵相談所」というサービスを使うと効率よく探偵を探すことができます。

こちらのサイトに希望の条件を伝えれば、希望に沿う探偵社を見積り付きでいくつかピックアップしてくれます。

 

探偵は料金システムが会社ごとに違うので比較するのが難しいのですが、このサービスを使えば比較しやすいです。

このサービスを通して依頼すれば、30%程度料金が安くなるのもメリットです。

>>街角探偵相談所へ

 

3~4社を比較すれば探偵選びは難しくありませんから、納得のいくまで相談してください。

信頼できる探偵が見つかれば、証拠が手に入るのは時間の問題です。