浮気相手の家

愛人の家に入り浸って帰って来ない夫、というのは昔からよくいたのですが、最近では帰ってこない妻も増えています。

帰ってこないということは、もはや浮気を隠す気はないということです。

帰ってこない妻は浮気相手のことを本気で愛していて、夫を捨てる覚悟もできているのでしょう。

 

結婚とは、「一生あなたと暮らします」という約束なので、結婚した後でより魅力的な異性に出会っても乗り換えることはできません。

しかし、最近はワガママな女性が増えていることもあり、平気で乗り換えようとする人がいます。

世間的な離婚のハードルが下がったので、乗り換えもしやすくなったと思っているのかもしれませんが、夫は車とは違うので簡単には乗り換えられません。

今回は、浮気相手の家から帰ってこなくなった妻の事例をご紹介します。

 

浮気を繰り返す妻は帰らなくなった

浮気妻

相談に訪れたのは30代半ばの男性で、奥さんは10歳年下だそうです。

奥さんはこれまで何度も浮気した前科があり、その度に旦那さんが浮気を突き止めてやめさせてきました。

 

さらに奥さんは情緒不安定なところがあり、旦那さんもかなり苦労してきたそうです。

以前、奥さんの浮気で夫婦喧嘩になった時、旦那さんはカッとなって奥さんをビンタしてしまいました。

旦那さんの話では、そこまで全力ではたいたわけではないし、一発だけとのことでした。

 

しかし奥さんは、

「夫からDVを受けている」

と市役所に相談に行ったのです。

お互いの両親を巻き込む騒動になり、旦那さんは事情を説明したものの、奥さんは「日常的にDVを受けている」と主張しました。

その騒動があってから旦那さんは強く注意することができなくなり、相当苦労してきたようです。

 

今回、旦那さんが探偵に来たのも「また妻が浮気しているから」でした。

それも、ここ二週間ほとんど家に帰ってこないそうです。

 

旦那さんが電話しても、

「友達の家に泊めてもらっている」

の一点張りで、取り付く島もありません。

 

旦那さんは、奥さんが浮気したときにでる癖を熟知していて、今回も男の家にいることを確信しています。

ただ、これまでと違うのは奥さんが帰らなくなったことです。

なぜ帰らないのかというと、今度の浮気相手は本命でこっちと再婚しようと思っているからでしょう。

 

旦那さんは

「あいつはもう本当にだめです。

私もいい加減に離婚するつもりですが、離婚をもちかけたら慰謝料やら財産やらで騒ぐに決まっています。

それにできれば親権もほしいんです」

と言っていました。

 

自宅には奥さんのお母さんと、小さいお子さんも暮らしていて、奥さんのお母さんも我が子の乱れっぷりに呆れ果てているそうです。

奥さんがやっていることは育児放棄にちかいものですし、さっさと証拠を撮って離婚した方がいいでしょう。

 

同棲状態の写真を撮る

カメラ

奥さんがパート先から出てくるのを追いかけて浮気相手の家を発見しました。

これでもかという程の写真が撮れたので、確実に同棲状態にあることを証明できます。

 

その後、証拠を見せられた奥さんは

「この人は男友達で住まわせてもらっただけ。

Hはしてないから不倫じゃない」

と反論したそうですが、そんな言い訳は通用しません。

 

100歩譲って肉体関係がなかったとしても、これだけの証拠があれば法廷でも肉体関係があったとみなされます。

探偵や弁護士からも奥さんに、「あなたの言い分は通らない」と説明しました。

 

奥さんはゴネ続けて、

「言いがかりをつけるなら出るとこに出ますよ!?」

と言っていました。

しかし、そうなって一番困るのは奥さんですし、奥さんを弁護する弁護士はいないでしょう。

不倫はしたいし、子供も欲しいなんて虫のいい話です。

夢見る少女じゃないんですから、現実を見て責任をとってもらわないといけません。

 

見切りをつけることも大切

離婚

この旦那さんは、「あいつはもう本当にだめです」と諦めていました。

離婚を回避するための努力も大切ですが、この旦那さんのように見切りをつけることも大切だと思います。

 

別件では、旦那さんが浮気妻を問い詰め、

「浮気相手と別れないならこの家から出ていけ!」

と言ったそうです。

そうすると浮気妻は本当に家を出ていきました。

小さい子供を家に残したまま、です。

 

その後、奥さんから離婚調停の申し出があり、親権も求めてきました。

旦那さんは離婚を拒否していて、不倫をやめてもう一度やり直すことを望んでいます。

このまま離婚して子供を連れていかれれば、浮気相手の家で子供がどんな目に遭うかわかりません。

 

旦那さんの友人は離婚を勧めていますが、旦那さんは

「子供のためを思えば本当の両親が揃っていた方がいいんじゃ・・」

と悩まれています。

 

子供のことを第一に考える旦那さんは立派ですが、子供を置いて男に走るような女に何を期待しても無駄でしょう。

不倫の証拠を撮って財産も親権も渡さず、さっさと縁を切った方がいいに決まっています。

 

最近、育児で悩んでいた母親が乳児をマンションの5階から捨てたという事件がありましたが、めちゃくちゃな親が増えているように思います。

母親だから母性があるとは限りませんし、根っこから腐っている性根は絶対に治りません。

男手一つで育てるのは大変でしょうが、頭のおかしい妻を養うよりは遥かにましだと思います。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない

 


<不倫でお悩みの方へ>

不倫を解決するには探偵の掴む法的な証拠が不可欠です。
探偵社のレベルはピンキリですが、信頼できる探偵を見つけることができれば解決したも同然です。

当ブログでおすすめしている「原一探偵事務所」は日本で最も大きく、長く経営されている探偵社です。
信頼のおける探偵社なので、パートナーの不倫でお悩みの方はぜひご相談ください。

>>原一探偵事務所公式サイト