浮気の解決

離婚を前提に浮気調査をするのなら手加減する理由はありません。

浮気した旦那さんに対しても、浮気相手に対しても徹底的に責任を追及します。

 

でも、半分以上は離婚をしない前提の調査で、

「できるだけ穏便に解決したいんです」

と仰る奥さんもけっこういます。

 

「穏便に」というのは、旦那さんだけではなく、浮気相手の女性に対しても同じです。

 

奥さんの希望をうかがうと、

「言い逃れできない証拠で白状させて、二度の会わない旨の誓約書にサインさせる」

と仰います。

慰謝料を請求するとしても、調査費用分くらいの金額にしたいと仰る方もいます。

 

争いごとが苦手な性格の方が穏便に解決したいと思うのは当然ですが、浮気問題を穏便に解決するというのは不可能だと思います。

直接やりあえば、奥さん自身も傷つくことになるでしょうが、それでも正面からぶつかった方がいいと思うんです。

 

これは数多くのケースを見てきたからわかることで、中途半端にやれば後々まで尾を引きます。

今回は、なぜ浮気は穏便に解決できないのか、をご紹介します。

 

穏便な浮気の解決とは?

別れる

一番穏便な解決方法は、不倫カップルが自然と別れるのを待つことでしょう。

旦那さんが良心に目覚めて別れるのか、痴話げんかが原因で別れるのかはともかく、自然消滅を待つのなら奥さんが直接行動をする必要はありません。

 

ある奥さんから聞いたのですが、夫婦問題のカウンセリングをしている方で、

「旦那さんが戻ってくるまで待ちましょう」

とアドバイスする人がいるようです。

 

でも、もし旦那さんが不倫相手に走ったり、相手を妊娠させた場合はどうするのでしょうか??

「妻として魅力的になれば夫は戻ってくる」なんて理想論で、現実を知らない人の戯言です。

 

旦那さんを説得してやめさせる

夫婦喧嘩

旦那さんに対して、「あんたが浮気してることはバレてんのよ」という空気を出したり、浮気をやめるように説得する人もいます。

 

それで旦那さんが説得に応じてくれればいいのですが、大半は浮気していることを認めません。

旦那さんが説得に応じたとしても、浮気相手にも別れ話をしないといけません。

 

旦那さんが浮気相手に

「妻に浮気がバレたから別れてくれ」

と言って、

「わかったわ。そうしましょう」

となるでしょうか。

そんな賢明な人なら初めから不倫などしないはずです。

 

浮気相手への怒りが小さい理由

怒り

「穏便にやりたい」と仰る奥さんは浮気相手の素性を知らない人がほとんどです。

 

普通は、浮気相手のことを知れば知るほど怒りがこみ上げてきます。

一回でも旦那さんのスマホを覗いて浮気相手からのメッセージを見れば、それを忘れることはできません。

そのメッセージの中に奥さんの悪口でも書かれていようものなら絶対に許せないでしょう。

 

でも実際、多くの浮気女は奥さんのことをけなしています。

旦那さんに「早く離婚してよ」とせかす浮気女もいますし、上手に離婚するための手ほどきをする女もいます。

 

多くの浮気女は、「自分は女として奥さんより優れている」と思っているのでしょう。

私が見た限り、浮気女はルックスでも性格でも奥さんに劣るケースが多いのですが、現実を見えない人間もいるものです。

 

償いの方法は慰謝料しかない

慰謝料

形の残る謝罪というのは、お金を払うことしかありません。

慰謝料は奥さんが受けた苦痛への対価というのもありますが、浮気にけじめをつけるという意味もあります。

 

不倫する人は歪んだ性格の人が多く、そういう人の思考回路は本当にカオスです。

さっきまで泣きじゃくりながら謝っていたのに急に笑顔になったり、同情を誘う話を始めたり、自分を正当化し始めたり、逆ギレしたりと喜怒哀楽がコロコロ変わります。

 

もし、浮気女に誓約書を書かせて謝罪させたとしても、1時間後には浮気女の頭からその事実は消えているでしょう。

そういう人の脳は都合の良い情報しかインプットせず、都合の悪い情報はシャットアウトするか捻じ曲げて解釈するようになっています。

 

まともな感覚をもっている人からすれば、

「あれだけ謝罪させたし、誓約書も書かせたから大丈夫だろう」

と思っても、常識の通用しない人間が世の中にはいるのです。

 

浮気が癖になっている人は、どんなことになっても浮気を繰り返すので、反省させることは不可能です。

それでも慰謝料を請求すれば、自分の家族から遠ざけることはできるので、離婚しないなら尚更慰謝料を請求しないといけません。

 

弁護士を通して請求するのか

弁護士

慰謝料を請求する方法は、最初から弁護士に頼むこともできますし、まずは自分で請求するという方法もあります。

 

内容証明で証拠写真や請求書を送り、直接浮気相手と話して決着させるのが示談です。

個人的には、まずは自分で請求する方法がおすすめです。

弁護士を入れるのは、交渉が決裂した後でも遅くありません。

 

浮気相手と直接会うのが嫌ならば、電話や郵送のやり取りで交渉することもできます。

それで浮気相手が、

「不貞行為なんてしてない!」

「そんな金額の慰謝料は払えない」

と反論してくれば、

「それじゃあ、これから先は弁護士を通して話し合いましょう」

という流れになります。

 

示談で奥さんの希望が通れば解決は早いですし、弁護士の費用もかからずに済みます。

 

旦那さんはどっちの味方なのか

夫

たしかな証拠が出た後も、浮気相手をかばい続ける旦那さんもいます。

それは未だに浮気相手に対して未練があるということです。

 

本気で浮気したことを反省してこれからの生活を考えるのならば、浮気相手を守る理由はないはずです。

 

「彼女への慰謝料は勘弁してやってくれ」

という旦那さんもいれば、姑まで首をつっこんでくるケースもあります。

 

そもそも、奥さんが弱気な態度だと、旦那さんや浮気相手になめられてしまいます。

 

人の道を外れたことをした二人に対して、

「私は妻として慰謝料を請求します。絶対に許しません」

という断固とした態度を見せないと、二人は調子にのったままです。

奥さんが曖昧な態度だと、相手も自分たちのしたことの重大さに気付かないのです。

 

許すことは良いこととは限らない

許す

「あなたの気持ちもわかるけど、相手を許すことも大切ですよ」

と言う人もいるようです。

 

一般論でいえば相手を許す寛大な心は素晴らしいものですが、浮気では話がちがいます。

 

そもそも許すというのは、お互いに非がある場合に起きる現象です。

浮気された奥さんが旦那さんを許すというのは、奥さんにも非があったかもしれないのであり得ることです。

 

でも、奥さんと浮気相手の関係でいえば、100%浮気相手が悪いです。

仮に旦那さんから不倫をもちかけたとしても、それに応じた時点で浮気相手は奥さんを傷つけています。

 

「浮気相手を許しましょう」

と言う人は、自分の家に放火された場合も相手を許すのでしょうか?

不倫は他人の家庭を崩壊に追い込む行為ですから、それと同じくらい許されない行為のはずです。

 

不倫で精神を病んだ奥さんが自殺したり、傷ついた子供が道を踏み外したりという可能性も十分あり得ます。

ちなみに、人が住んでいる建物に放火するのは、殺人と同じ重さの法定刑です。

浮気相手はそれくらい悪質なことをしているのですから、許される理由はありません。

 

浮気を解決するために一番大切なものは、とことんやるという断固とした決意です。

それくらいの決意がないと不倫の二人を観念させることができませんし、旦那さんも反省しません。

 

自分で正面からぶつかるのには限界があるので、話し合いの席につかせるためにも、まずは証拠が必要です。

信頼できる探偵ならば、証拠撮りだけでなく、その後の解決までフォローしてくれます。

自分一人では気が引けることも、専門家のサポートがあれば心配することはないので、まずは信頼できる探偵を見つけることが第一歩です。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない