話し合い

旦那さんの浮気が発覚した場合、大半の奥さんは問い詰めるでしょう。

証拠がない状態で問い詰めても意味がないので、LINEのやり取りやクレジットカードの明細などの状況証拠を用意するかもしれません。

 

旦那さんが往生際の悪い人であれば、苦しまぐれの言い訳で逃げますが、中には素直に浮気を認める人もいます。

 

夜通し夫婦で話し合い、旦那さんが涙ながらに

「ほんの出来心だったんだ。

離婚するつもりなかったし、心を入れ替えて家族のために頑張るから許してくれ」

などの言葉を話すこともあるでしょう。

 

第三者がその状況を見れば、

「旦那さんもわかってくれたのね。これで一件落着ね」

と言うかもしれません。

 

しかし、です。

これで浮気が解決するのなら、世の中にこれほど多くの探偵社が存在しているはずありません。

 

話し合いで完全決着するケースもあるでしょうが、そうならないケースも同じくらい多いはずです。

今回は、なぜ話し合いで浮気が決着しないのかを考えていこうと思います。

 

浮気は夫婦の問題じゃない

浮気相手

夫婦の問題は二人で話し合って解決するべき、第三者はできる限り首を突っ込まない方がいい、というのが一般論でしょう。

 

でも、浮気は夫婦の問題ではないんです。

正確には、夫婦「だけ」の問題ではありません。

 

浮気には夫婦の他に、浮気相手という存在がいます。

旦那さんを反省させたり、懲らしめたりすることも大切ですが、浮気相手をどう対処するかが浮気の厄介な点です。

 

多くの場合、浮気相手への仕打ちが甘いばかりに、問題がややこしくなっています。

 

浮気相手は脅威を感じるのか

浮気相手の女

奥さんが怒りをぶちまければ、旦那さんは脅威を感じるかもしれません。

旦那さんはこれからも一緒に生活するのですから、奥さんの怒りは恐いはずです。

 

でも、浮気相手にとっては脅威ではありません。

夫婦の話し合いや奥さんの怒りなんて、浮気相手にとってはどうでもいいことで、遠くで他人が騒いでいる程度のことでしょう。

 

話し合いによって旦那さんが反省し、浮気相手に別れ話をしても、浮気相手がそれを受け入れる可能性は低いです。

 

浮気相手だって、奥さんにバレるリスクを承知の上で不倫していたのですから、奥さんが怒ったくらいではまだ危険ラインではありません。

一時的に離れるかもしれませんが、少し経てば旦那さんに再度アプローチするでしょう。

 

その頃、旦那さんは浮気の償いで肩身の狭い思いをしていますから、浮気相手の誘いにホイホイ乗っかってしまうのです。

 

浮気相手は簡単には離れない

離れない

浮気相手にとって奥さんが怒ることは予想の範疇なので、それで引き下がるとは思えません。

 

以前ある調査で、旦那さんを追いかけたのですが、浮気相手は同じ職場の女性でした。

しかもその職場というのが学校で二人は先生だったのです。

教師同士の不倫もけっこう多いですが、奥さんの話では以前も浮気が発覚し、浮気相手も交えて3人で話し合ったことがあるそうです。

 

奥さんは浮気相手に

「もし次同じようなことがあれば、学校に報告する」

と宣言したそうです。

 

そんなことをすれば浮気女は職を失うでしょう。

ただ、その時は旦那さんも道連れになります。

 

浮気女がどのような考えで浮気を続行したのかはわかりませんが、とにかく二人は別れていませんでした。

 

この調査では、

「学校の中で不貞してるなら厄介だな、どうやって中に入ろうか、保護者のふりをして入る?でもバレた時が大変だ・・」

と悩んでいましたが、二人は学校の外で密会し、浮気相手の車でイチャイチャしていたので無事証拠を撮れました。

 

恋心なのか執着心なのかはわかりませんが、多少の脅しをかけても、誓約書を書かせても、浮気相手は中々身を引きません。

 

不倫というのは恋心とリスクが混ぜ合わさった行為なので、当人の心はぐちゃぐちゃになります。

浮気相手と会っている時だけは、そのぐちゃぐちゃな心が癒されるわけで、簡単に引き剥がすことはできません。

 

浮気相手にとっての脅威とは

脅威

慰謝料を請求された後も不倫を続ける人というのは滅多にいません。

それだけお金という存在が脅威になっているということでしょう。

 

慰謝料を請求された後にまた会うようであれば、より悪質な不倫として一度目よりも多額の請求をされかねません。

不法行為による請求というのは絶対に逃げられないので、まともな頭をもった人であれば一度で懲ります。

 

また、奥さんが本気の行動に出た、というのも浮気相手にとって脅威でしょう。

口でワーワー言っているうちは本気とは言えません。

 

専門家を使って法的な請求をすることは、浮気相手に対して「絶対に許さない」という意思表示にもなります。

口で「許さない」と言っても中々通じないものですが、具体的な行動に移れば必ず通じます。

 

慰謝料は気持ちを切り替えさせる

慰謝料

たとえ話ですが、これまでAというものに夢中だったのに、Bというトラブルが発生して、Aへの興味をすっかり失ってしまった、という経験があると思います。

 

浮気に当てはめて考えれば、浮気相手は慰謝料というトラブルを抱え、旦那さんどころではなくなってしまいます。

 

この時、浮気相手は旦那さんに助けを求めてくるかもしれません。

そこで旦那さんが浮気相手との接触をきちんと拒否すれば、浮気相手は

「不倫の責任はあんたにもあるのに、なんで私だけが!!?」

と怒り、旦那さんへの気持ちが冷めるでしょう。

 

中には浮気相手にほだされて、奥さんに対し

「慰謝料は勘弁してやってくれ」

と言う旦那さんもいます。

そういう人はまだ浮気相手への未練が残っているのでしょう。

 

旦那さんも浮気女も、不倫がバレればこうなることはわかっていてやっていたのですから、バレた時の責任をとるのは当然です。

そして旦那さんには文句を言う権利はありません。

 

トラブルには、話し合いで解決できるものとできないものがありますが、不倫は解決できないトラブルです。

不倫以外でも、人間関係や利害関係がややこしいトラブルは、専門家が入ったり、法律の力がないと解決できません。

 

浮気が発覚したとき、多くの人は「なんとか自力で解決したい」と思うでしょうが、やはりそれは甘いと思います。

特に、不倫が長期間におよんでいたり、奥さんに嫌がらせをするようなケースでは、自力の解決など不可能です。

 

不倫する時点で、人の気持ちなんて何とも思っていませんから、説得して反省させるなんてできるはずがありません。

確実な証拠を押さえて慰謝料を取ることが、一番確実な解決の方法です。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない