W不倫

浮気は「夫婦+浮気相手」の3人がいるので話がややこしくなるのですが、W不倫だったなら4人いるわけですから、さらに話がややこしくなります。

当事者の親まで首を突っ込んできた日には、ひっちゃかめっちゃかな状況で目もあてられません。

 

でも、女性は隠し事がうまい傾向にありますから、「夫婦+浮気女」で解決するW不倫もあります。

幸か不幸か、浮気女の夫は最初から最後まで不倫のことを知らずに終わるということです。

 

浮気した夫、浮気された妻、浮気女の3人で解決するには、被害者の同意が必要です。

多くの浮気女(旦那もち)は

「主人にだけは黙っていてください」

と頭を下げます。

 

すると被害者である奥さんも、

(相手の家庭を壊すみたいで気が引けるし、バラすのは勘弁してやるか)

となることがあります。

 

多くのW不倫は体だけの関係で、再婚までは望んでいません。

もし再婚するなら、知り合いがいる土地には住めないでしょうし、子供との関係もかなり複雑になります。

 

浮気女がうまく許しを得ることができれば、両方の家庭が崩壊せずに済みます。

でも、被害者の怒りが限界を超えている場合は、復讐の手段として相手の旦那にもバラします。

今回は、W不倫の実態を浮気女に着目して考えていきます。

 

夫バレを阻止したい浮気女

夫にバレる

今は個人情報の保護に敏感な時代ですし、探偵はとてもデリケートな情報を扱っていますから、他の企業以上に個人情報に神経を使っています。

 

探偵社が信頼を得るために、「きちんと個人情報を管理している」というのはとても重要なポイントです。

ですが、一般の人からすれば、「探偵ってけっこうルーズなんじゃない?」と思っている人もいるでしょう。

 

ある日、女性の声で

「〇〇という方の住所を調べてほしいのですが」

と電話がきました。

 

「なぜですか?」

と尋ねると、その電話の主はつい最近調査したターゲットでした。

そのターゲットさんの話では、

「おたくが私たちを尾けて写真を撮ったことはわかっています。

〇〇さんは私の自宅に慰謝料を内容証明で送ると言っているんです。

そんなことをされると困りますから、〇〇さんの住所を教えてください。

直接説得にいきます」

と言うのです(-_-;)

 

この人は、内容証明を送られると自分の旦那にバレるかもしれないので、今のうちに阻止しようとしているのでしょう。

依頼主からどこの探偵に頼んだのかを聞いて、探偵社に電話してきたわけです。

 

でも、常識で考えて、顧客の個人情報を渡すはずがないでしょう。

そんなことをすれば業務停止まったなしです。

その女性には当然「答えられません」と言いましたが、逆ギレされて怒鳴られてしまいました。

 

W不倫の女から慰謝料をとれるのか

慰謝料

浮気が発覚したあと

「すみませんでした。

なんとかして慰謝料を払うので、主人には秘密にしてください」

と言えば、バレずに済むかもしれません。

でも、多くの主婦は収入が少ないので、旦那に秘密で数百万の慰謝料を払うのは困難です。

 

虫のいい浮気女だと

「慰謝料は払えません。夫にもバラさないでください」

と言ってきます。

 

ある奥さんは、ちょうどこのような状況に陥って悩んでいました。

浮気相手は許せないけど、その夫や子供に罪はない。

罪のない人を巻き込んでいいのか。

せめて慰謝料は払わせたいけど、家計的に難しいらしい・・と八方塞がりの状況です。

 

奥さんと浮気相手は何度か話し合いをしていましたが、中々結論が出せません。

それで浮気相手は開き直ったのか

「私があなたのご主人と関係をもったのは3回だけなんです。

それでこの金額というのは厳しいのではないでしょうか?」

と言ってきました。

 

その一言に奥さんはカチーンときたわけです。

「お前は加害者のくせに何を言っているんだ?」と。

 

奥さんは断固請求すると決めて、〇日までに払わないなら法的な手続きをとると告げました。

その後、期日までに浮気女は慰謝料を振り込んだそうです。

 

浮気女がどうやって工面したのかはわかりませんが、へそくりがあったのか、消費者金融から借りたかでしょう。

素直に謝れば多少は減額してもらえたかもしれないのに、わが身可愛さで調子のいいことを言うからこうなるんです。

 

それと、その場では旦那さんに隠すことができても、慰謝料を払うときにバレるかもしれません。

中には、慰謝料の分割払いが滞って、給料が差し押さえられる人もいるので、そういう経緯でバレることもあるでしょうし、知人がバラすこともあるでしょう。

 

まあ、もし最後までバレなかったとしても、よほど無関心な旦那さんなので、どの道幸せではないでしょう。

 

相手の旦那を巻き込むべきか

相手の旦那

「浮気相手が許せないから相手の旦那にもバラす」

というのはアリだと思います。

 

でも、できれば3者で解決した方がいいです。

理由は、話がややこしくなるし、慰謝料を相殺されかねないからです。

 

話し合いは人数が増えるほど解決するのが難しくなります。

浮気相手の旦那さんが誠実な人であればいいのですが、そうとは限りません。

 

浮気相手から慰謝料を取るということは、相手の旦那から慰謝料を取るのと同じようなものです。

 

相手の旦那からすれば、「妻が不倫していた」というショックと「慰謝料を請求された」というショックがダブルでくるのですから、(俺も被害者なんだから慰謝料は相殺できないか)と考えるかもしれません。

 

浮気女の夫から見れば、被害者の夫は「自分の妻を寝取った男」なのですから、慰謝料を払いたくないのは当然です。

 

相手が独身であれ既婚であれ、不倫するような人間とはできる限り関わらない方がいいです。

それに、大切なのは自分たちの家庭ですから、相手の家庭のことまで考える必要はありません。

取れるものを取ったら金輪際関わらないようにするのがベストです。

 

交渉の材料として、

「おたくの旦那さんにもお話しますよ?」

と脅すのはいいですが、できれば浮気女に慰謝料を払わせて終わりにしたいものです。

 

W不倫の結末ってどんなもの?

W不倫の結末

探偵が絡まないW不倫の結末とはどのようなものでしょうか。

周りの話を聞く限りでは、結局、修羅場になっていることが多いようです。

 

ある浮気女は旦那さんの

「いつかお互いに離婚して再婚しよう」

という言葉を真に受けて、何年も関係を続けていました。

 

旦那さんの本心は離婚なんて考えていないのですが、浮気女にとってはその言葉が希望だったのでしょう。

 

ある時、旦那さんの浮気が疑われ始め、密会するのはしばらくやめることになりました。

実は旦那さんはそのまま自然消滅を狙っていたのですが、それを察知した浮気女は旦那さんの家を訪問してきました。

 

ホラー映画顔負けの登場だったようですが、その後、泥沼の修羅場になったのは想像するまでもありません。

浮気女はナイフを隠し持っていたようで、ほんと恐ろしい状況です。

 

このような経緯で修羅場になっても、危険が大きいだけで得られるものは何もありません。

それならば、早い段階で探偵を使い、深みにハマる前に関係を終わらせた方が得策でしょう。

 

W不倫は、既婚&独身の不倫よりもスリルや背徳感が大きいでしょうから、自然に解決するなどありえません。

 

W不倫は「お互いに踏み入らない」「離れすぎない」とう絶妙なバランスの上で成り立っているので、そのバランスが崩れるのは時間の問題です。

どうせ訪れる修羅場なら早い段階で飛び込んでしまおう、と思うのは私だけでしょうか。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない