夫婦が不仲

夫婦仲が悪くなって浮気に走るのか、浮気が先で夫婦仲に溝ができるのか、どちらが先にせよ、夫婦のコミュニケーションと浮気は深く関係しています。

 

結婚して何年も経てば夫婦の会話は減っていき、話すのは子供の話題だけという家庭も多いでしょう。

実際、多くの家庭を見てきて思うのは、「大半の家庭は子供のおかげで何とか保たれている」ということです。

 

家庭の中では、奥さんは聞いてもらいたい話がたくさんあるのに、旦那さんが話を聞いてくれないということも多いでしょう。

女性はとにかく話したい欲求をもっているそうで、「うん、うん。そうか~大変だったね」と聞いてあげるだけでもいいのかもしれません。

でも、旦那さんも仕事で疲れて帰ってきますから、奥さんのオチのない話を長々と聞きたくないのです。

それよりもさっさと風呂に入って晩酌という旦那さんが多いでしょう。

 

確率という点でいえば、夫婦のコミュニケーションが希薄になるほど浮気の可能性は高くなります。

浮気夫は奥さんに大して後ろめたい気持ちがあるので、奥さんを避けるようになるというのもありますし、いつ口を滑らせてしまうかわからないので、できるだけ距離をおこうとします。

 

「最近、夫が冷たくなった・・」という時、多くの奥さんは親や友人に相談するでしょう。

周囲の人は

「何年も経てばどこもそんなもんだよ」

「旦那さんが浮気してるかもって?

まさか~あの旦那さんに限ってそんなことしないよー」

という答えが返ってくるでしょう。

奥さんも話を聞いてもらったことで一時的に気が楽になるでしょうが、時間が経つと元通り不安な状態になります。

 

コミュニケーションが希薄になるということは、相手に対して不満をもっているということです。

今の時点で浮気していなくても、何かのはずみで浮気に走る可能性は高いですから、早めに対処すべき問題です。

 

浮気の隠ぺいと家庭円満は両立しない

浮気と家庭

8割以上の浮気夫(浮気妻)は本気で浮気を隠そうとしていません。

帰宅が不自然に遅くなったり、行き先を告げない外出が増えたり、スマホを隠したりと、誰が見ても気付きそうななミスをしています。

 

浮気が初期の段階であれば、

「最近ちょっと帰りが遅すぎない!?

家のことももうちょっと考えてよ」

と言えば、

「わかった、気を付けるよ」

と答えて、行動を改めてくれるかもしれません。

 

でも、1ヶ月もすれば前の「帰りの遅い夫」に戻っています。

そんな旦那さんの行動に奥さんはイライラして、ますます夫婦の溝は深くなっていきます。

 

少数派ではありますが、中には浮気と家庭を両立している人もいます。

家族とのコミュニケーションと浮気相手との時間、そして浮気の偽装工作をこなしているのですから頭が下がります。

 

でも、そんな絶妙なバランスを保っていられるのは最初の数ヶ月だけです。

ダイエットでも勉強でもモチベーションを維持するのは難しく、「浮気と家庭を両立するぞ!」というモチベーションも時間とともに「まあいいか」と楽な方に流れていきます。

 

中には3年以上も浮気を隠し続けた猛者がいますが、彼らは特殊なパターンでした。

ある初老の男性は、愛人と会うのは月に1度あるかないかというペースで長年不倫を続けていました。

ごく普通のサラリーマン家庭で長年浮気を隠していた事例もありますが、それは奥さんが天然すぎるとか、元々お互いに無関心だったというケースです。

 

浮気を隠そうとすれば夫婦の距離が遠くなるし、夫婦の距離を近くしようとすれば浮気がバレてしまいますから、浮気がある家庭は円満にはなりません。

 

浮気している人はコミュニケーションを避ける

歩み寄る

今、夫婦仲が良くないのなら、一度あなたの方から歩み寄ってみてはいかがでしょうか。

不仲の原因が浮気以外にあるのなら、相手だって歩み寄られて嬉しいはずです。

冷戦状態をずっと続けたいと思っているパートナーはいません。

 

しかし、浮気が原因で疎遠になっているのなら、浮気している人は関わることを避けようとします。

気持ちが完全に浮気相手に向いていれば歩み寄られてもウザいだけですし、浮気を隠しつつ奥さんと関わるのは神経を使う行為です。

 

下手に、「浮気してるんでしょ!?」と追及するよりも、優しく歩み寄ったときの相手の反応を見ることの方がよっぽど効果があります。

 

男はプライドの生き物

男のプライド

女性には理解しずらいかもしれませんが、男にとってプライドはとても大切なものです。

中年ハゲであっても、肥満おやじであっても、自分をないがしろに扱う人のことは嫌いになります。

 

奥さんが旦那さんをないがしろにしていて、別の女が旦那さんの自尊心を満たしてくれるのなら、高確率で男は浮気します。

ホステスとの浮気が多いのもこれが理由です。

 

もちろん奥さんにも言い分があるでしょうが、男にとってプライドをくすぐられるというのは最大の幸福です。

女にチヤホヤされるというのは、男の最大の喜びなんです。

浮気女が男のコントロールに長けている人間であれば、旦那さんを奪うなど簡単なことでしょう。

 

浮気した旦那さんは間違いなく「悪」ですが、今後、夫婦仲をやり直す気があるのなら、奥さんも「旦那さんのプライドを傷つけていなかったか」を反省するべきです。

 

「なんで被害者の私が反省しないといけないんだ!ふざけるな!」

というのなら離婚した方がお互いのためでしょう。

 

 

浮気が発生すれば、夫婦の関係は確実にギクシャクしてきます。

そして、夫婦の溝が深くなるほど、浮気の本気度は高まります。

夫婦仲を改善するには浮気を解決することが先決ですし、その後はお互い歩み寄るしかありません。

「お互いに」というのがポイントで、二人にやり直す意思がなければ、結局浮気を繰り返したり、数年後に離婚になりがちです。

 

<おすすめ記事>

>>浮気を放置しても悪化するだけ、被害者が動かないとおわらない

 


<不倫でお悩みの方へ>

不倫を解決するには探偵の掴む法的な証拠が不可欠です。
探偵社のレベルはピンキリですが、信頼できる探偵を見つけることができれば解決したも同然です。

当ブログでおすすめしている「原一探偵事務所」は日本で最も大きく、長く経営されている探偵社です。
信頼のおける探偵社なので、パートナーの不倫でお悩みの方はぜひご相談ください。

>>原一探偵事務所公式サイト